トヨタ・アルファード/ヴェルファイアが一部改良。9インチのディスプレイオーディオを標準化【新車】

■バックガイドモニターを全車標準装備

トヨタは、LLサイズミニバンで1人勝ち状態のアルファード/ヴェルファイアを一部改良し、2020年1月6日に発売すると発表しました。

最大のライバルは日産・エルグランドではあるものの、販売台数では大きな差が付いています。ほかにはマイナーチェンジを受けたメルセデス・ベンツVクラス、「身内」の新型グランエースも競合しそうですが、大型ミニバンの王者といえる存在です。

トヨタ アルファード
ディスプレイオーディオを標準装備化したアルファード/ヴェルファイア

今回の一部改良は、新型カローラ、ヤリスなどと同じように、スマホ連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオ(DA)の標準化がトピックス。車載通信機のDCMと合わせてコネクティッドカーとして、さらに利便性を高め、快適なカーライフを提供するのが狙い。

トヨタ アルファード ヴェルファイア
ディスプレイオーディオを全車に標準装備

ディスプレイオーディオは「SmartDeviceLink」対応のスマホアプリ(TCスマホナビや音楽・ラジオのアプリなど)をディスプレイ上に表示し、操作を可能としています。標準で対応するLINEカーナビでは、音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などができます。また、「Apple CarPlay」、「Android Auto」でも日常利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で操作、使用できます。

トヨタ アルファード ヴェルファイア
従来どおりのSDカーナビも設定する

さらに、トヨタらしく、従来どおりの車載用ナビゲーション機能を使いたいユーザーにも配慮。エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットの2種類からの選択もできます。

そのほか、従来から設定されているT-Connect SDナビゲーションシステムには、10.5インチディスプレイ、リヤシートエンターテインメントシステムには、13.3インチディスプレイが採用され、大型化により視認性が向上。

ヴェルファイア
3眼LEDヘッドランプの設定グレードを拡大

また、バックガイドモニターを全車標準装備するとともに、3眼LEDヘッドランプ、ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能の標準装備設定グレードが拡大されたほか、スライドドアの開閉に連動し、ステップが展開格納される電動サイドステップ(オプション)を設定するなど、操作性も向上。また、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)も、ベース車と同様の改良が施されています。

トヨタ ヴェルファイア
ステップが展開格納される電動サイドステップをオプション設定

価格帯はアルファード/ヴェルファイア共に、2.5L+CVT(2WDのみ)が3,520,000円〜4,664,000円。3.5L+8AT(2WDのみ)が4,883,000円〜7,421,000円。ハイブリッド仕様のTHS(2.5L)+E-Four(電気式4WD)が4,547,000円〜7,752,000円。ウェルキャブは3,665,000円~5,833,000円です。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事
GRヤリス RZ“High performance”
GRヤリスのラゲッジスペースは狭い? いや、結構使えるサイズだった
トヨタの新型SUV「アーバンクルーザー」が120万円で登場。スズキとの協業で実現
トヨタ クラウンが「クーペルック」のSUVに生まれ変わって2022年に登場!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事