SUBARUフォレスターにタフな印象を強調し、アウトドアなどの利便性を高めた「X-Edition」を設定【新車】

■専用エクステリアで精悍な印象を強調

2019年11月26日、SUBARUはフォレスターに特別仕様車「X-Edition」を設定し、2020年1月23日から発売すると発表しました。現行フォレスターは「SUBARU GLOBAL PLATFORM」による高い安全装備や走り、パッケージなどの基本性能の高さに加えて、先進安全装備の「アイサイトVer.3」を搭載しています。

スバル フォレスター
SUBARUフォレスターの特別仕様車「X-Edition」の外観

「X-Edition」のベース車は、2.5Lエンジン搭載車の「Premium」で、タフに使える装備、エクステリアの力強さをさらに際立たせるアイテムが用意されています。

スバル フォレスター
「X-Edition」の足まわり。18インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)を用意

具体的には、18インチアルミホイール(ガンメタリック塗装) 、フロントグリル&フロントフォグランプカバー(無塗装ブラック+ダークメッキ加飾)、フロント六連星オーナメント(ダークメッキ)を装備。また、安全装備では、「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)」が標準装備され、前後方の死角を低減。

スバル フォレスター
SUBARUフォレスター「X-Edition」のインパネ

内装では、撥水機能を持つ合成皮革シート(シルバーステッチ) とカーゴフロアボードが採用され、日常での使い勝手向上に加え、アウトドアなどのアクティブなシーンでより使いやすくなっています。さらに、光源にLEDが採用され、広範囲を照らすカーゴルームランプとリヤゲートランプが、暗い場所でも高い利便性が確保されています。

スバル フォレスター
「X-Edition」には撥水シート、撥水カーゴフロアボードを用意

フォレスターの特別仕様車「X-Edition」の価格は、3,179,000 円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。