ロールス・ロイスの購入平均年齢は43歳!? ファミリー層が多いSUVの「カリナン」に「ブラック・バッジ」が登場【新車】

■オーナーズカー、初のロールス・ロイスとして購入されているカリナン

2019年11月13日、ロールス・ロイス「カリナン」に「ブラック・バッジ」が追加され、同日から予約販売の受付を全国6カ所の正規販売店で開始されました。

どんな方がカリナンを購入するのか気になりますが、世界におけるロールス・ロイスの購入平均年齢は、43歳とかなり若い!!  残念ながら日本の平均年齢のデータはないそうですが、思いのほか若い層が買っていそうです。

ロールスロイス カリナン ブラックバッジ
ロールス・ロイス「カリナン ブラック・バッジ」の外観

また、同ブランド初のSUVとなる「カリナン」は、子どもがいるファミリー層を取り込んでいて、初めてロールス・ロイスを買う人が多いようです。

カリナンにベビーカーを積んでドライブしたり、スキーやキャンプなどに出かけるシーンは想像しにくいですが、アウトドアを好む層も実際に購入しているそう。リッチな子育て層には最適なロールス・ロイスといえるのでしょうか。

ロールスロイス カリナン ブラックバッジ
折りたたみ式の後ろ向きシートは、手動で背もたれを倒すと荷室にあるスイッチで自動格納できる

さて、「ザ・キング・オブ・ザ・ナイト」というキャッチフレーズがつけられている「カリナン ブラック・バッジ」は、こうしたファミリー層というよりも、ITなどで成功した若い独身の方からディンクスまで、都市部で使用する層が多くなるのでは? と予想されるそう。

アウトドアよりも夜の六本木が似合いそうな「カリナン ブラック・バッジ」。日本のローンチモデルは、トワイライト・パープルになっています。

お馴染みの「スピリット・オブ・エクスタシー」は、ハイグロス・ブラック・クロームで仕上げられています。同仕上げは今回初めて台座プレートまで使われているそう。これにより、最もダークなブラック・バッジに仕上げられています。また、フロント、サイド、リヤの「ダブルR」バッジは、配色が逆になっていて文字がシルバー、地がブラックになっています。

ロールス ロイス カリナン
カリナン ブラック・バッジの「スピリット・オブ・エクスタシー」

さらに、フロントグリルまわりのサイドフレーム・フィニッシャー、ブート・ハンドル、ブート・トリム、下部エアインレット・フィニッシャー、エキゾーストパイプなどはダーク・ブラックで仕上げられています。一見ブラックに見えるグリルバーは、ポリッシュ仕上げになっています。

ロールス ロイス カリナン
ロールス・ロイス「カリナン・ブラック・バッジ」のリヤビュー

足元では、ロールス・ロイスが初めて採用したというカラード・ブレーキ・キャリパーが目を惹きます。ハイグロスのレッド塗装は、ブレーキが強化された同モデルの走りを支えます。

ロールス ロイス カリナン
ロールス・ロイス「カリナン ブラック・バッジ」のタイヤ&アルミホイール

内装は、手織りの上質なブラックレザー、夜空を忠実に再現し、前席頭上を中心に8個のきらめく白い流れ星がランダムに映し出されています。これは、カリナンがドライバーズカーとしてのニーズが高く、「ブラック・バッジ」は、よりそうした側面を強調されているといえそう。

さらに、室内にはインフィニティ(無限大)を表す記号が随所にあしらわれています。これは、1937年にサー・マルコム・キャンベルが水上速度記録を達成したロールス・ロイス製エンジン搭載のハイドロプレーン「ブルーバードK3」の船体に表示されていたものだそう。

ロールス ロイス カリナン
ロールス・ロイス「カリナン ブラック・バッジ」のインテリア

エンジンもさらに強化されています。6.75Lのツインターボ V12は、29PS増の600PSに達し、最大トルクも50Nm増の900Nmとなっています。シフトレバーの「Low」ボタンを押すと、エンジン音が高まり、勇ましいサウンドでドライバーを鼓舞します。トランスミッションは、ZF製8AT。

ロールス ロイス カリナン
ロールス・ロイス「カリナン ブラック・バッジ」のエンジン
ロールス ロイス カリナン
5人乗りのリヤベンチシート、4人乗りのリヤインディビジュアルシートを用意する

ただならぬオーラを放つ「カリナン ブラック・バッジ」。価格は45,300,000円で、納車は2020年第1四半期が予定されています。なお、カタログモデルのカリナンは、39,200,000円〜です。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、長野達郎)

『ロールス・ロイス』の最新記事
新型ゴースト外観01
電動開閉のリアドア、天井の流れ星…ミニマルでもこれはゆずれない!?新型ゴーストのロールス・ロイスらしい必要最小限7つの装備
新型ゴーストの外観03
贅沢でないロールス・ロイス ゴースト、3590万円〜で日本発表【新車 Rolls-Royce Ghost】
シルバー・バース・スペクター・シューティングブレーク_007
プロトタイプの正体はカスタムカーだった! 世界最高の贅沢ワゴンが初公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事