伝達機構の老舗メーカー「EXEDY」が電動化時代に自社の強みを活かすEVでのトルクコンバーター利用を提案【東京モーターショー2019】

■トルクコンバーターのトルク増幅効果はEVでも有効

エンジンとトランスミッションをつなぐクラッチをはじめ、オートマチックトランスミッションに使われるトルクコンバーターなど伝達系パーツを主力とする老舗サプライヤーのEXEDY(エクセディ)が東京モーターショーで、電気自動車にトルクコンバーターを利用するというアイデアを展示しています。

既存のトルクコンバーターをモーターとディファレンシャルギアの間に配置することで、モーターの性能を超えた速度域をカバーし、加速性能を向上させることができるようになるという提案です。

EXEDY 電気駆動系のプロトタイプ
モーターと最終減速機構の間にトルクコンバーターを配置する

ATに使われるトルクコンバーター本来の役割は、その名前からもわかるようにトルク増幅装置です。かつてはトルクコンバーター自体を変速装置として利用するというアイデアもありました。

今回のエクセディの提案も同様です。モーターのトルクをトルクコンバーターによって増幅することで、より小型のモーターを使っても、十分に発進できるだけのパフォーマンスを実現できるというわけです。トルクコンバーター自体は特別なものではなく、実績のあるユニットですので量産効果によりコストはさほどかかりません。

一方、モーターの小型化というのは車両コストの抑制に効いてきます。もちろん、トルクコンバーターは滑らかな走りに寄与しますから、段付き感のないスムースなEVらしい走りをスポイルすることはありません。シームレスに駆動範囲を拡大できるのです。

展示されているような超小型EVにおいてはコストは重要です。比較的枯れたテクノロジーといえるトルクコンバーターによって搭載モーターの小型化(ローコスト化)が可能になるのであればたいへん意味があります。

EVはモーターとディファレンシャルが直結状態になるので変速機の出番はなくなる、という見方もありましたが、最近では遊星ギアを用いた多段変速を組み合わせるメカニズムがトレンドになりつつあります。エクセディのトルクコンバーターを使うという提案も、非常に現実味がありものといえそうです。

エクセディの新機構を搭載した小型EV
エクセディの新機構を搭載した小型EV

(山本晋也)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事