SUBARUのレースクイーンBREEZEが選ぶブースの見どころはココ!【東京モーターショー2019】

スーパーGTのレースクイーンである「スバルBREEZE」4名に、スバルブースの中から注目のクルマを選んでもらいました。

■ワールドプレミアのレヴォーグの注目ポイントは深化したデザイン!

スバルBREEZE
江藤菜摘さんが選ぶ新型レヴォーグプロトタイプ

最初に紹介してくれるのは「江藤菜摘」さんです。選んだクルマは【新型レヴォーグプロトタイプ】。

「今回発表されたレヴォーグのお気に入りは、かっこいいデザイン。それとヘッドランプのサイドにSUBARUにロゴが入っているんですよ」

スバルBREEZE
江藤菜摘さんが選ぶ新型レヴォーグプロトタイプ

詳しい車両解説はライターの井元貴幸さんに、お願いしました。

・SUBARUのデザインフィロソフィーである「Dynamic × Solid」を深化させ、それぞれのクルマが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」を初採用しています。
・グリルは、ひとめでSUBARUとわかる特徴的な6角形のヘキサゴングリル。新型レヴォーグプロトタイプではグリル周辺の造形も彫りが深く、よりグリルを強調したデザインになりました。
・ヘッドランプは、切れ長なデザインに進化した新型レヴォーグプロトタイプのヘッドランプ。レンズ側面にSUBARUロゴが入っています。

■VIZIVコンセプトはお尻の丸みに注目

スバルBREEZE
あやきいくさんが選ぶSUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT

次に紹介してくれるのは、「あやきいく」さんです。選んだクルマは【SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT】。

「全体的なデザインはシャープで迫力を感じるデザインだけど、お尻は丸みを帯びてかわいいんですよ」

スバルBREEZE
あやきいくさんが選ぶSUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT

[解説]

・より「大胆」なデザイン表現を通じ、SUBARUブランドの持つ世界観を広げ、特徴をより際立たせることを目指す「BOLDER」の考え方のもとデザインされた初めてのコンセプトカー。アクティビティをサポートするユーティリティと、道を選ばず、速く、意のままに駆け抜ける愉しさを併せ持ち、「大自然の中を想いのままに走り廻りたい」という気持ちを駆り立てる、新しいスポーツヴィークル。 2019年ジュネーブ国際モーターショーで初公開されました。
・ヘッドランプは、近未来的な薄型でデザイン性も高く、シャープな印象です。
・リヤバンパーはVIZIVの悪路走破性を感じさせるワイルドな印象ですが、丸みを感じさせる形状がかわいい!

■ウルトラスエードのステアリングの手触りは最高

スバルBREEZE
平野杏梨さんが選ぶWRX STI EJ20 Final Edition プロトタイプ

次に登場するのは、平野杏梨さん。選んだクルマは【WRX STI EJ20 Final Edition プロトタイプ】

「ステアリングの肌触りが最高です。でもこのクルマは、やっぱりスペシャルなエンジンを積んでいるのがすごいですよね。」

スバルBREEZE
平野杏梨さんが選ぶWRX STI EJ20 Final Edition プロトタイプ

[解説]

・1989年から長年にわたって主力エンジンであったEJ20型水平対向エンジンの生産を、今年度内に終了予定。これに伴い当該エンジンを搭載する日本市場向け・現行型WRX STIは、2019年末で受注終了となります。その集大成となる特別仕様車「EJ20 Final Edition」のプロトタイプが初公開。ゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイールや専用インテリアなど、このエンジンのフィナーレを飾るにふさわしい特別な装備を採用しました。
・EJ20エンジン:初代レガシィを皮切りに幅広い車種に採用され、世界ラリー選手権(WRC)やニュルブルクリンク24時間レースをはじめSUPER GT BRZ GT300にも搭載され、モータースポーツにおける活躍にも大きく貢献してきたパワーユニットです。「EJ20 Final Edition」では、バランスドされたEJ20エンジンを搭載しています。
・ステアリング・ミッション:ステアリングはラリーカーやレースカーのイメージを印象付けるウルトラスエードのステアリングを装備。トランスミッションはエンジン同様クラッチカバーやフライホイールがバランス取りされています。
・なお、特別仕様車「EJ20 Final Edition」は555台限定の抽選販売を予定。

■ブルー内装の青がオシャレ

スバルBREEZE
津田知美さんが選ぶSUBARU XV Advance(e-BOXER搭載車)

最後に紹介してくれるのは、津田知美さん。選んだクルマは【SUBARU XV Advance(e-BOXER搭載車)】

「室内のこの青がオシャレポイントです。この高い車高でしっかりとした足回りになっていて、やっぱりスバルらしいですね」

スバルBREEZE
津田知美さんが選ぶSUBARU XV Advance(e-BOXER搭載車)

[解説]

・SUBARU XVは、都会的で洗練されたデザインとSUVとしての走破性、そして高い安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUV。改良したSUBARU XVは、軽快な加速感や走破性を高めることで、新感覚の走りの愉しさを実現するe-BOXER搭載モデルのラインアップを拡大した。アイサイト・ツーリングアシストの全車標準装備化による総合安全性能の向上に加え、X-MODEを改良し、路面状況に合わせて2つのモード選択を可能にしたことで、悪路走破性も強化。全方位で進化を遂げています。
・足回り:SUBARUの新世代プラットフォームSGP(Subaru Grobal Platform)を採用したことで、車高の高いSUVでありながらスポーツカーなみのコーナリング性能やしなやかな乗り心地を実現しています。
・インテリアパネル:Advanceグレード専用の内装はブルー内装とブラック内装を選択可能。ブルー内装はインテリアパネルに金属調マットブルーを採用しているほか、シートなどのステッチ類にもブルーを使用して統一感を演出。専用の本革シートは強いファッション性を感じさせるブルー内装に本革の滑らかな質感が加わり、さらなる個性と上級感を演出。

いかがでしたか? BREEZEの4名にセレクトしてもらいましたが、これを読んでいるあなたもSUBARUブースでクルマのお気に入りポイントを探してみましょう!

(文:sin 写真:sin 車両解説:井元貴幸)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事