日産・スカイラインの次期型は日本専用でクーペも復活の可能性も?

●e-POWERやPHEVモデルも導入?

日産自動車を代表する「スカイライン」に設定される2ドアスポーツ「スカイライン クーペ」が日本で復活、しかも日本専用で開発される可能性があることがわかりました。

日産 スカイライン クーペ次期型 CG
日産 スカイライン クーペ次期型 予想CG

スカイラインは1957年に初代が発売された同社の歴史的モデルです。以降、2014年12代目の「V36」まで日本で開発されましたが、13代目「V37」は、インフィニティ「Q50」として発表され、日本には2014年から「スカイライン セダン」として発売されています。

「V36」クーペは、2016年まで日本で発売されましたが、「V37」となるインフィニティのクーペ「Q60」はスカイラインとして日本で発売はされていない状況です。

2019年7月にはQ50改良新型が発表。日本仕様ではインフィニティ顔を廃止するとともにエンブレムも「NISSAN」へ変更。徐々に日本での存在感が復活しつつあることも噂につながっているようです。また改良型で設定されているスポーツグレード「400R」が想定外の人気となり、8月の時点で全グレードの24%の受注となっています。

日産 スカイライン クーペ
日産 スカイライン クーペ V36型

今回入手した情報では、スカイライン次期型は日本専用で開発され、2ドアが復活するという話ですが、Q60を「スカイライン クーペ」として日産から発売する可能性も十分あると思われます。いずれにしても、噂の段階ですが日本でのクーペ復活は期待が膨らみます。

次期型予想CGは、日本専用で発売される場合のエクステリアを想定して制作しました。Aピラー、Cピラーは共に傾斜を持ち、フロントからサイドにかけて躍動感を与えた印象のキャラクターラインと超立体的な上段キャラクターラインなど、よりスポーツ感満載のシルエットデザインが予想されます。またフロントエンドは大型デフューザー&グリルなどで押し出し感と迫力感を演出し、ヘッドライト細くシャープさをアピールするなど、日産デザインが全面に出されるはずです。

「V38型」パワートレインは、インフィニティとして開発される場合は2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「VC-T」も有力となりますが、日本専用の場合は三菱のPHEV技術の導入や1.5リットル直列4気筒ターボエンジン搭載「e-POWER」などが予想されるでしょう。

順調に開発がすすめば、ワールドプレミアは2021年後半から2022年前半に期待できそうです。

(APPOLO)

『Scoop』の最新記事
日産 キャシュカイ_004
日産・新型キャシュカイ、スペックを先行発表! 欧州初の1.5リットル「e-Power」搭載へ
ポルシェ ケイマンGT4 RS_005
もう「プアマンズ911」とは言わせない! 究極のポルシェ・ケイマン「GT4 RS」市販型がニュルを疾走
プレミアムSUVの代名詞・レンジローバーの次期型はBMW製V8で豪雪を激走中
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事