スロベニアから最高出力950ps&最高速380km/hのハイパーカー「トゥシェクTS900」登場!

■ハイパーカー「トゥシェクTS 900」の0-100km/h加速はわずか2.5秒!

スロベニア共和国の新興メーカー、「Tushek」(トゥシェク)が、世界トップレベルのハイパーカーを発表しました。

トゥシェク_TS900外観_003
トゥシェク ハイパーカー TS900

元レーサーであるトゥシェク氏が手掛けるこの小さなメーカーは、2012年に10人の自動車愛好家と共に「Renovatio T500」を開発。最高出力450psを発揮するスーパーカーで、英の人気自動車番組『Top Gear』でも紹介され絶賛されました。

それから7年、満を持して発表されたのが後継モデル「TS 900 H APEX」です。

トゥシェク_TS900外観_008
トゥシェク ハイパーカー TS900

パワーユニットには、4.2リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。デュアルモーターを組み合わせたハイブリッドにより最高出力950ps、最大トルク1,400Nmを発揮、Renovatio T500の倍へと進化しています。

また0-100km/h加速を2.5秒で駆け抜け、最高速度は236マイル(約380km/h)とブガッティ級のパフォーマンスを誇ります。また、足回りには、フロント235/35、リア305/30サイズのピレリ製「トロフェオ」シリーズRタイヤや、ブレンボ製大型ブレーキを装備しています。

トゥシェク_TS900外観_005
トゥシェク ハイパーカー TS900

車重はクロムモリスペースフレームシャーシとカーボンファイバーボディにより3,108ポンド(1.410kg)を実現。これは同クラスのホンダ「NSX」より700ポンド(317kg)も軽いものです。

トゥシェク_TS900コックピット
トゥシェク ハイパーカー TS900

T500の面影を残すフロントエンドには、最新技術のLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、アグレッシブなエアインテークなどが見てとれます。また、取り外し可能なハードトップルーフやシザードアを採用するなど、スーパーカーの王道を行くエクステリアとなっています。

「TS 900 H APEX」のワールドプレミアの場は、9月7日にイギリスで開催される「サロンプリヴ・コンクール」が予定されています。

トゥシェク_TS900外観_002
トゥシェク ハイパーカー TS900

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?