伝統のインディ イエロー色が復活! ホンダ・NSX 2020モデルが北米で発表

■旧型NSXの約20%を占めたという人気イエローカラーが2020年モデルで復活

日本のホンダ・ホームページでは『2019年モデルの販売は終了いたしました。』と記されているNSX。2020年モデルの登場が待ち焦がれるところですが、一足早くNSXの生産国であり、メインマーケットであるアメリカで2020年モデルが発表されました。

基本的なメカニズムの変更はなく、新色「インディ イエロー・パール」の設定が進化ポイントとなっています。

仕向け地によっては「スパ イエロー」とも呼ばれたイエローパールは、先代NSXにも設定されていたボディカラーです。

ホンダの発表によれば1997年から2003年の時期において約20%のオーナーに選ばれた人気カラーだったそうです。その「インディイエロー」が復活というわけです。

なお、2020年モデルNSXのアメリカにおけるメーカー希望小売価格は、15万7500ドル。インディ イエロー・パールは1000ドル高のプレミアムカラーとなっています。

そのほか、2020年モデルをオーダーすると、アメリカ・オハイオ州にあるNSX専用工場「PMC(パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター)」や専用のV6ツインターボエンジンを組み立てているファクトリーをマンツーマンで見学できるスペシャルプログラムも用意されるということです。

V6ツインターボと3つのモーターを組み合わせたパワートレインは、ハードウェアとしても唯一無二のエクスペリエンスがありますが、さらに納車前から特別な体験ができるよう工夫されているのもスーパースポーツらしい進化といえるのではないでしょうか。

(山本晋也)

『ホンダ・NSX』の最新記事

【新型ホンダ・NSX試乗】ますますジェントルになり、上質な走りを手に入れた2019モデル。だからこそ気になる「ミスマッチ」
【NSXマイナーチェンジ・走行性能編】ドライバーの操る喜びを追求し、電子デバイスのチューンや新開発の専用タイヤを装着
【NSXマイナーチェンジ・内外装編】大き変更点はフロントマスク。ブラックを効果的に使ってワイド&ローを強調
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事