SUBARUが2019年度上半期の業績を発表。国内生産・販売が減少した背景は?

●累計世界生産台数は48.9万台。海外は好調も、国内は減速

SUBARUが7月30日、本年度上半期(1−6月)の生産・販売・輸出累計台数を発表しました。それによると、累計世界生産台数は48.9万台(▲2,0%)となっています。

国内生産台数は28.6万台(▲11.7%)、海外生産台数は20.3万台(+16%)。また国内販売台数は6.9万台(▲9.5%)で、輸出台数は22.7万台(▲12.4%)となっています。

同社によると、海外生産台数の増加は昨年5月に生産を開始したSUV「アセント」が寄与。国内生産台数の減少は外注部品不具合に伴う操業停止等が要因だったそうです。また、国内販売減は改良モデル発売前のレヴォーグやインプレッサ、軽自動車プレオ等の販売減によるもの。

一方、SUBARUの米国生産拠点では7月29日に新型「レガシィ(セダン)」「アウトバック(SUV)」の生産を開始しており、今秋から販売を予定。今後の販売に期待がかかります。

Avanti Yasunori・画像:SUBARU)

『SUBARU』の最新記事
サプライズゲストの、トミー・マキネンさんとペダー・ソルベルグさん
名機・EJ20のラストイヤーに、スバルWRXが1100台以上も集結【WRXファンミーティング】
熟成極まったSUBARU レヴォーグに充実装備の特別仕様車「2.0GT EyeSight V-SPORT」が設定【新車】
初代レガシィツーリングワゴン
【SUBARU GT EXPERIENCE.1】そのルーツはレオーネにある? SUBARUが考えるツーリング、そしてGTの意味
SUBARU東京モーターショー
「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」が日本初公開【東京モーターショー2019】
SUBARU東京モーターショー
インプレッサ スポーツのマイナーチェンジ、SUBARU XVの一部改良モデルも出展【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事