ヤマハが「バッテリーシェア」対応の電動スクーター・EC-05を台湾で発売

●スクーター大国の台湾で、ヤマハが新世代の電動スクーターを発売

人口約2350万人に対し、バイクの保有台数は約1360万台、普及率は実に58%にもなる台湾。そのバイクのほとんどは小型のスクーターで、まさにスクーター大国といえる台湾で注目されているのが電動スクーターです。

2011年に設立された電動スクーター専門メーカーGogoroは、バッテリーの充電&交換ができる「GoStation」と呼ばれるスポットを街中に設置し、長時間の充電やバッテリー切れに悩まされることなく電動スクーターを使用できるようにインフラの整備も行いました。

このGogoroと協業する形で、ヤマハ発動機は8月1日に新世代の電動スクーター「EC-05」を台湾で発売します。EC-05はGogoro社の市販車両のプラットフォームをベースにヤマハがデザインを行い、現地法人のヤマハモーター台湾を通じて販売します。

Gogoroエナジーネットワーク社により台湾国内に1200カ所以上設置されたバッテリーステーション「GoStation」を利用することができる、新世代の電動スクーターです。日本でもこのシステムが本格運用されれば、電動スクーターに乗り換えるユーザーも増えそうですね。

『ヤマハ発動機』の最新記事
歩道走行
3輪電動立ち乗り車「ヤマハ ・トリタウン」が歩道を走行! 国産パーソナル・モビリティで初の公道実証
ついにバイクが服を着る時代へ!ヤマハが発表した人とマシンが服を共有する価値観がマジで新しい【人機官能】
ヤマハ ソーシャルカート SC-1
ヤマハ発動機がソニーと共同開発したエンタメ専用の自動運転&電動カート「SC-1」を使ったサービスを11月1日から沖縄で開始
ヤマハ発動機「SC-1」
ヤマハ発動機とソニーが共同開発した低速EVの「SC-1」は、クルマとエンターテインメントを融合
ヤマハYB125SPはスクーター並みに気軽に乗れて街乗りが5倍楽しくなる激安125だった!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事