電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備

●4.0リットルNAエンジンの搭載が最有力。新型911 GT3の最新プロトをキャッチ

ポルシェ911(992世代)に設定されるハードコアモデル、新型「911 GT3」のプロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始しました。

ウィンターテスト以来の出現となる開発車両は、まだカモフラージュがかなり残っており、ディテールは不明です。

しかし、フロントバンパーのコーナーエアインテークの形状が若干見えてきているほか、初めてリアディフューザーも装着されています。これまでの「GT3」や「GT3 RS」にも見られないリアウィングは、マウンティングブラケットが非常に大きく分厚くされており、最終市販型パーツかはまだ判斷できないようです。

ブレーキキャリパーは高性能「PCCB」(ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ)が装着されており、生産型にも採用されるはずで、リアウィンドウに後付されているブレーキランプは、最終的にはリアウィングにマウントされると予想されます。

注目のパワートレインの電動化は見送られ、自然吸気4.0リットル水平対向6気筒エンジンが最有力で、最高出力は500psから550psへ向上すると噂されています。

ワールドプレミアは9月のフランクフルトモーターショーと見られていましたが、この偽装具合からも2020年以降となる可能性が高いと思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アウディ RS Q3 外観_001
0-100km/h加速は驚異の3.9秒。新型アウディRS Q3がニュルで高速テスト
BMW 7シリーズ 外観_003
650馬力の電動モデル「i7」が設定か? BMW・7シリーズの次期型は電動化を加速へ
ジャガー F-Pace 外観02
ジャガー新時代の幕開けを告げるのは、コンパクトSUVモデル!? 「Aペース」「Bペース」が開発中!?
アルピナ XB7_002
ド級SUVが登場間近か!? アルピナがBMWのX7をベースにした600ps超えのXB 7を開発中!
ヒュンダイ i30Nスペシャル外観01
韓流ホットハッチ「ヒュンダイ i30N」、さらに性能を高めたスペシャルモデルを開発中!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事