【新車】三菱・ミニキャブバン/タウンボックスが先進安全装備を大幅にアップデート

●先進予防安全技術である「e-Assist」を強化。一部グレードは「サポカーSワイド」に該当

スズキ・エブリイのOEM版である、三菱自動車の軽商用車ミニキャブバン、軽乗用車タウンボックスが2019年7月11日に一部改良を受けました。

先進予防安全技術である「e-Assist」の強化などが主なメニューになっています。ミニキャブバンの「ブラボーターボ」と「G」、タウンボックスの全車に機能が強化された先進予防安全技術「e-Assist」を標準装備。これにより、いずれも「サポカーSワイド」に該当します。

具体的にはステレオカメラを使う衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)を新たに採用。従来のレーザーレーダーに代わり2つのフロントカメラを使うことで、前方の歩行者の検知が可能になっています。さらに、作動車速域を従来モデルの約5km/h~約30km/hから約5km/h~約100km/hまで拡大し、安全性能を向上。

後方誤発進抑制機能も新たに加わっています。こちらは、停車または徐行で後退中、後方に障害物がある状態でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制する機能。急な後退を防止し、誤操作による衝突を回避するものです。

同時に追加された後退時ブレーキサポートは、リヤバンパーに内蔵された4つの超音波センサーが後方の障害物との衝突を回避できないと判断すると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害を軽減。

車線逸脱警報機能も新規追加機能で、約60km/h~約100km/hで走行中に車線の左右区画線を検知し、前方不注意等で車線をはみ出すと判断すると、ブザー音とメーター内の表示により警報を発し、ドライバーに注意を促す機能です。

さらに、ふらつき警報機能も追加されています。こちらも約60km/h~約100km/hで走行中に車線の左右区画線を検知し、直前の走行データを基に自車のパターンを計測。車両が「ふらつき」と判断した場合に、ブザー音とメーター内の表示により警報を発し、ドライバーに注意を促します。

ほかにも、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストも新しく追加されています。

走行時の安全性向上機能として、ヒルスタートアシストをミニキャブバンの「ブラボーターボ」と「G」、タウンボックス全車に追加。こちらは坂道でブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える時、ブレーキを最大約2秒間キープし、車両の後退を一時的に抑える機能。

三菱・ミニキャブバンの価格帯は968,760~1,567,080円。乗用のタウンボックスは1,682,640~1,887,840円(いずれも消費税8%込)となっています。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事
三菱自動車ミニキャブ トラック
三菱自動車のミニキャブ トラックの「G」グレードに最新の予防安全技術「e-Assist」を搭載【新車】
三菱アウトランダーPHEVが一部改良。「ミツビシパワーサウンドシステム」、地図機能内蔵の「スマートフォン連携ナビゲーション」を新設定【新車】
三菱アウトランダー
三菱アウトランダーが4WD車にも車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備【新車】
三菱エクスパンダー
三菱自動車がクロスオーバーMPV「エクスパンダー」の生産を2020年からベトナムで開始
三菱自動車RVR
三菱 RVRが最新の「ダイナミックシールド」フェイスに一新。全グレードが「サポカーSワイド」に該当
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事