【新車】マツダ・アテンザがMAZDA6に改名。痛快な走りが魅力の2.5Lガソリンターボを追加

●アテンザ改めMAZDA6が登場。MAZDA3につづく車名を冠したモデル

マツダは国内向けモデルにおいても、自らの会社名を車名に冠することで、そのクルマ作りへの覚悟、心意気を示しています。アクセラのバトンを受け継いだCセグメントのMAZDA3に続き、アテンザをMAZDA6に改めて発売すると発表しました。

2019年7月4日、マツダは同社のフラッグシップモデルであるマツダ・アテンザを、マツダブランドを鮮明化すべく『MAZDA6(マツダ・シックス)』と改名し、新たに2.5Lガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を導入。同日より予約受注を開始し、発売は8月1日の予定としています。

エンジンラインアップは、クリーンディーゼルエンジンとNAガソリンに加えて、市街地から高速道路まで、力強く伸びやかな走りを提供する2.5Lガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を新たに導入。

CX-5、CX-8にも搭載されている同エンジンは、アクセルレスポンスの良さと4.0L V8自然吸気ガソリンエンジン並みのトルクが生み出す力強さと気持ち良い加速フィール、そして高揚感を感じさせるエンジンサウンドが特徴。
2.5Lガソリンターボエンジンを搭載するモデルには、加速重視で選択したファイナルギア比や高いブレーキ性能を生み出す17インチの大径フロントブレーキも採用され、走りをウリとしたスポーティグレードになります。

さらに、スポーティさを演出するブラック塗装のホイールとブラックレザーインテリアが専用設定され、上質さと走りへの期待感も感じさせる仕様になっています。

また、より安心感のある走りを実現する「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」を全グレードに標準装備。旋回中~ターンアウト時の安定性・収束性を向上するブレーキ制御で、さまざまなシーンでクルマと人の一体感を高め、安心、安全なステアリング操作性を実現し、走行性能を向上させたとしています。

さらに「25T S Package」は「25S L Package」に対し、フロントブレーキサイズが大径化(16インチ→17インチ)されるとともに、フロントファイナルギア比を低速化(4.325→4.411)。ほかにも、IRカットガラスが設定され、「マツダ コネクト」にApple CarPlay、Android Aut対応機能が追加されています。

価格は、2.0Lガソリンが2,840,400円〜3,034,800円。2.5Lガソリンが3,569,400円。追加された2.5Lガソリンターボが4,239,000円。2.2Lディーゼルが3,250,800円〜4,217,400円。MAZDA6セダン、MAZDA6ワゴンともに同じ価格です。

(塚田勝弘)

『マツダ』の最新記事
デミオ改め「MAZDA2」の新車装着タイヤに横浜ゴムの「BluEarth-GT AE51」が選定
新型SUVで販売攻勢をかける? マツダが米国に工場建設
マツダ3
前方視界の良さでドライバーをサポート。MAZDA3が「子どもを死角から守る前方視認性」でキッズデザイン賞を受賞
渋滞・夜間時のドライバーの負担を軽減する「MAZDA2」の新機能とは?
MAZDA2_18
【新車】マツダ・デミオが「MAZDA2」に! マイナーチェンジで快適&安全装備も強化
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事