究極のV12ワゴンが登場!フェラーリ612スカリエッティをベースにした「シューティングブレーク」が誕生

オランダを拠点とするコーチビルダー「Vandenbrink Design」(ヴァンデンブリンク・デザイン社)は、フェラーリ「612スカリエッティ」をカスタムしたワゴン「シューティングブレーク」を初公開しました。

「612スカリエッティ」は、フェラーリが2004年に「456M」後継モデルとして発売した2+2シートレイアウトのV型12気筒クーペです。デザインはピニンファリーナ、スタイリングは日本人・奥山清行氏が手がけており、グラマラスかつスタイリッシュなデザインが印象的でした。

2011年に生産が終了していましたが、今回ヴァンデンブリンク・デザインの手により8年ぶりに蘇ったシューティングブレークは、穏やかな傾斜を持つルーフ両サイドにガラスを配置。新たに設置されたリアクォーターウィンドウや分厚いCピラー、リアスポイラーなど美しいシルエットが見てとれます。

キャビン内のデザインは612スカリエッティから継承していますが、2列目へのパススルーを持つレザーの荷室はより実用性を高めています。

このカスタムカーのベースとなっているのは2005年式の612で、走行距離17,937マイル(28,867km)・中古市場価格30万ユーロ(約3690万円)とされています。世界に1台、究極のV12ワゴンと言えそうです。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事