ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?

●話題のオフローダー「ウラカン・ステラート」、世界限定500〜1000台で販売か?

ランボルギーニは、ワンオフのオフローダー・コンセプト「ウラカン・ステラート」を初公開した際「市販化はない」と伝えられていましたが、限定モデルとして販売される可能性があることがわかりました。

米・Automobile Magazine電子版によると、2021年をめどに24万ユーロ(約3千万円)で世界限定500〜1000台が生産されるといいます。ランボルギーニの最高技術責任者はこの生産計画を確認していないものの、それが可能であることを暗示しているといいます。

同氏はランボルギーニの予算は「非常に限られている」ため、このモデルに多額の資金を費やす必要はないと語っています。市販化においては、コスト削減のため3Dプリンターを使用できる特別に開発された「軽量合成材料」からコンポーネントを製造する計画をもっているようです。

ウラカン・ステラートは、「ウラカンEvo」をベースにしており、アンダーボディスキッドプレート、アルミ補強サイドスカート、拡張フェンダーフレアでボディ強化がされています。

またフロントとルーフにはLED補助ライトを装着、ボディを1.9インチ(47mm)のリフトアップし、20インチの大径ホイールが装着されオフローダーらしいエクステリアが特徴です。

パワートレインは5.2リットルV型10気筒NAエンジンを搭載し、最高出力は640psを発揮します。市販型でもそのままキャリーオーバーされると予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事