大きくなっても3シリーズらしいキレの良さは健在【新型BMW 3シリーズ試乗記】

●低速での乗り味に堅さを感じるも、コーナーでの安定感・切れ味は抜群

2019年3月からデリバリーされている新型BMW 3シリーズ(セダン)は、一見すると手堅いキープコンセプトのように感じられるかもしれません。しかし、内・外装のデザインはもちろん、安全装備まで大幅なアップデートが図られています。

日本の狭い道路環境で使うには、新型BMW 3シリーズのボディサイズの拡大は朗報とはいえないでしょう。全長4715×全幅1825×全高1430mmという3サイズのうち、とくに先代よりも25mm拡幅した全幅は、マンションなどの駐車場事情などにより購入を断念する人がいるはずです。

先代は、マイナーチェンジで1815mmの全幅を、アウタードアハンドルの薄型化により日本向けは1800mmに抑えるという大英断を下していました。

一方の新型BMW 3シリーズのサイズ、特に全幅は都市部のみならず郊外の狭い駐車場などでも少し気を使うシーンもありますし、狭い道でのすれ違いも少し気を使うのは事実。

しかし、大きくなったことで、後席の居住性は期待を裏切らない広さとなっています。40mm延長されたホイールベースにより、リヤシートの足元空間には余裕を感じさせます。それでもホイールベースはメルセデス・ベンツCクラスよりも10mm長いだけ(アウディA4と比べると、25mm長い)ですから、とくに細長いという印象は薄く、彫りの深さを増した顔つきもあり、ワイドさが強調されています。

タイヤはブリヂストンのランフラットタイヤ「TURANZA T005」で、225/40R19サイズを履く試乗車は「M Sport」仕様なので車高が10mm下がっていて、ワイドで低く構えたスポーティなたたずまい。

『BMW・3シリーズ』の最新記事
新型BMW 3シリーズに待望のツーリング(ステーションワゴン)が登場【新車】
トップクラスのアダプティブクルーズコントロール、レーンキープの高精度を誇る新型3シリーズ【新型BMW 3シリーズ試乗記】
【BMW 330i試乗】ベンチマークと言われるクルマにはちゃんとした理由がある
使える? 使えない? 新型BMW・3シリーズに搭載された「ジェスチャーコントロール」を試す
【特別インタビュー】デザイナーが語る新型3シリーズ・セダンのデザインテーマはシャープ、モダン、そしてエモーショナル!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事