価格は「リーズナブル」な4億円!? ブガッティに新たなワンオフモデル計画が浮上

●パワートレインは最高出力1500ps以上のハイブリッド? 超弩級のワンオフモデルが計画中

ブガッティは、ジュネーブモーターショー2019にて、20億円というビッグプライスを掲げたワンオフモデル「ラ・ヴォワチュール・ノワール」を初公開しましたが、新たなワンオフモデルを計画している可能性があることがわかりました。

同ブランドのエクステリアデザイン責任者フランク・ヘイル氏は、ウェブ情報サイト「Bloomberg」のインタビューにて、「ラ・ヴォワチュール・ノワールに続くワンオフモデルを計画している。しかし20億円という途方もない価格ではない」と語り、約3億円の「シロン」や6億円の「ディーボ」の中間程度の価格が予想されます。

ブガッティからすれば確かに20億円から大幅なプライスダウンですが、4億円から5億円は一般的には十分途方もない価格です。

予想されるパワートレインは、「シロン」「ディーボ」に搭載されている8.0リットルW16型クワッドターボエンジンです。しかし昨年、ブガッティCEOのステファン・ヴィンケルマン氏は、メディアのインタビューにて「W16型エンジンは新型に搭載されない」と語っています。それがこのワンオフに当てはまるかは不明ですが、その場合は最高出力1500ps以上のハイブリッドとなる可能性が高いようです。

世界初公開は2020年のジュネーブモーターショーと予想されますが、年内にサプライズ公開される可能性があるかも知れません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ外観_004
EVなのにエキゾーストパイプ!? ポルシェ初のEVワゴン「タイカン スポーツツーリスモ」をキャッチ
BMW i4外観_008
BMWのEV 4ドアクーペ「i4」市販型、航続距離は600km!?
セアト クプラ アテカ外観_004
スペインの高性能ブランド「クプラ」初のSUV・アテカが大幅改良
レクサス EVモデル ティザーイメージ
レクサス初の市販EVが初公開。「LF-30」市販型か?
メルセデスベンツ Eクラス オールテレーン外観_002
メルセデス・ベンツ Eクラス「オールテレーン」改良モデル、今度は官能的に、より強固なスタイルへ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事