今度はSUVだ!18年ぶり復活の「プーマ」高性能モデルをキャッチ

フォードのコンパクト・ハッチバッククーペ、新型「プーマ」に設定されるハイパフォーマンスモデル「プーマST」の市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

「プーマ」は、1997年から2001年まで販売されていたFFハッチバックモデルで、コンパクトながら流麗なルーフラインが印象的だったモデルです。そのプーマが18年振りにSUVとして復活します。新型では「フィエスタ」からシャーシを流用し、「エコスポーツ」の上位に位置づけられます。

キャッチしたプロトタイプはフルカモフラージュされており、デザイン詳細は不明です。しかし、ワイド化されたフェンダー、厚みのあるサイドシル、ツインエキゾーストパイプなどベースモデルと差別化されているため、ハイパフォーマンスモデル「ST」と判斷できます。

ベースモデルのパワートレインは、1.0リットル直列3気筒ターボ「EcoBoost」の48Vマイルドハイブリッドで、最高出力155psを発揮します。対してSTは、同エンジンをブーストアップし、最高出力が200psまで高められ、6速MTと組み合わされます。0-100km/h加速は「フィエスタST」の6.5秒まではいかないですが、6.8秒程度のパフォーマンスを発揮すると予想されます。

ライバルをVW「T-Roc」と定めるプーマのワールドプレミアは、2019年末から2020年にかけてと予想されており、STバージョンは1年後となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型レクサス・ISはこんなにスタイリッシュに!? 新開発ダウンサイジングターボ搭載で2021年デビューへ
ついにフォードと決別。ジャガー・Fタイプ次期型はBMW製V8を搭載
テストドライバーが挑発ポーズ!? ルノーがCセグメントPHVクロスオーバーを開発中?
新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事