ランボルギーニの「スーパーウルス」は、レース仕様のST-Xコンセプトがベース!?

ランボルギーニのクロスオーバーSUV『ウルス』にハイパフォーマンスモデルが設定される可能性をお伝えしましたが、レース仕様の「ウルスST-Xコンセプト」をベースとして開発が進められていることが新たにわかりました。

ST-Xコンセプトは、2020年から開催される新たなワンメイクシリーズに参戦するために誕生したレーサーです。開発はランボルギーニ・スクアドラ・コルセが手掛け、ベースモデルより25%の軽量化するとともにねじれ剛性を強化、オン/オフロードにアジャストした走りを可能にします。

パワートレインは、最高出力650ps・最大トルク850Nmを発揮するV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、カーボンファイバーむき出しのボンネットフードや、大型エアインテークなどアグレッシブなフロントエンドを特徴としています。

ただし、現在開発中のモデルは、エクステリアは差別化される模様。

ライバルとして、最高出力626ps、最大トルク900Nmを発揮するベントレー「ベンテイガ スピード」や、最高出力677ps、最大トルク849Nを発揮するポルシェ「カイエンターボS E-ハイブリッド」をターゲットとするため、最高出力680ps程度を発揮する「スーパーウルス」の誕生が予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ヒュンダイ 45_001
ヒュンダイの新型EVハッチ「45」、本気のニュル高速テスト!
メルセデスベンツ Sクラス_002
メルセデスAMG S63次期型、805馬力のPHEVモデルのみ発売の可能性!
ヒュンダイ i20N_003
GRヤリスをターゲットに! ヒュンダイのハードコアハッチ「i20N」市販型がニュルを疾走
ホンダ CR-Z_001
後継モデル登場か!? ホンダが「CR-Z」を商標登録
ヒュンダイ コナN_004
日本市場復活の切り札!? ヒュンダイ最強ハッチ「コナN」、市販型デザインが露出
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事