【SUPER GT 2019】Moduloサポート2台の鈴鹿、季節外れの暑さが生んだ悲喜こもごも(PR)

■予想以上の暑さに翻弄される予選

5月25、26日に鈴鹿サーキットで開催のSUPER GT 2019第3戦「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 SUZUKA GT 300km RACE」。

GT300クラスの34号車 Modulo KENWOOD NSX GT3。25日午前に行われたフリー走行では「Q1通過も危ない」と道上龍選手も言うように全くセッティングが決まらない様子。しかし、その後の予選に向けてのセッティングの煮詰めで何かが劇的に変化!道上選手は「予選Q1ではフリー走行に比べて2秒も速くなったんですよ。その日に2秒も速くなるなんてあり得ないから乗ってる方も驚いています」と語ります。Q1を担当した大津選手は「とにかく乗りやすくなっていました」と語ります。

予選Q1では終盤残り3分ほどのところで赤旗による中断があり、その時点でQ2進出が確実なポジションにいたにもかかわらず赤旗解除に残り時間4分で予選再開となったところでもう一度コースに飛び出していく大津選手。

「もうワンアタックでタイムが伸ばせるかもしれないと思った」と大津選手は語ります。結果的にはタイム更新とはなりませんでしたが、果敢に挑む姿には胸を打たれる方々も多かったのではないでしょうか。

そして迎えた予選Q2.ドライブを担当したのは道上龍選手。

Q1の大津選手のタイムを更新する1分57秒935で予選7番手を獲得。予選順位は今シーズンの最上位を更新!

予選終了後のインタビューで道上選手は「なんでここまで急に速くなったのかを、偶然ではなくしっかり数値化して明日の決勝や今後のレースに生かしていく重要なデータとしてチームで共有していきます」と語ります。

翻ってGT500クラスの64号車 Modulo EPSON NSX-GTは路面温度に苦しんだ予選となりました。日差しの強さもあって25日のフリー走行から路面温度は急激に上がり始めタイヤとのマッチングにはかなり苦慮した様子。思うようなフィーリングを得られずに苦戦を強いられ、予選Q1では練習のタイムを更新するも大きく力及ばずという結果となり、Q1担当の牧野任祐選手がノックアウトでQ2進出ならずの結果になってしまいます。

予選終了後のインタビューで中嶋悟総監督は「走り出しから様々なことを試しましたが、なかなかいい状態にはならず残念な結果になってしまいました」と語り、また「明日の決勝も高い温度が予想されるので諦めずに戦っていきたいと思います」とも語っています。

『スーパーGT』の最新記事

SuperGT2019_Fuji500_033
【SUPER GT 2019】表彰台、ポイント獲得とModulo勢にとって大きなターニングポイントとなった富士500mile(PR)
史上初の競演! スーパーGTとDTMの特別交流戦の詳細が発表
【SUPER GT 2019】富士500マイルでModulo 34号車が3位表彰台。64号車も10位完走でポイントゲット
スーパーGT2019 富士20
奇襲?奇策?予想外の展開でT-DASH ランボが富士500マイルで初優勝!【SUPER GT 2019】
2019スーパーGT第5戦富士_07
2度のセーフティカーが明暗を分けたGT500は6号車WAKO’Sが2連勝!【SUPER GT 2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事