【フィアット500X試乗】クルーズコントロールとアダプティブクルーズコントロールを装備

ニューエンジンが搭載されたフィアットのコンパクトSUV・500Xは、軽快に吹け上がるエンジン特性などにより上質感にあふれるモデルに仕上げられていました。

従来モデルは18インチタイヤを採用していたのですが、今回からは17インチにタイヤを変更しました。タイヤサイズは215/55R17です。従来タイヤに比べると路面コンタクトが優しく、乗り心地がゆったりとしています。試乗時には後席にも乗ってみましたが、かなりいい感じです。若干の突き上げ感は感じますが、2570mmのホイールベースとしては十分に受け入れられるレベルでしょう。

ハンドリングもなかなかシャープさを持っています。ステアリングの操作に対しての動きはキッチリしていて、そのレスポンスも高いレベルとなっています。SUVというスタイリングを実現するために1610mmと高めの車高となっていため、ロールはそれなりにするのですが、とくに不安感もなくきっちりと走ることができます。

ベーシックモデルとなるフィアット500Xには、追従やレーンキープをおこなわないクルーズコントロールが装備されます。一方、500Xクロスにはクルーズコントロールとアダプティブクルーズコントロールが装備されます。

???と思う方も多いでしょう。クルーズコントロールがアダプティブになるのではなく、なんと2種類のクルーズコントロールが装備されるのです。ステアリングスポーク右側上段のスイッチはクルーズコントロールで、このスイッチを使ったときには追従走行はおこなわれません。下段のスイッチはアダプティブクルーズコントロールで、このスイッチを使ったときには追従走行もレーンキープもおこなわれます。

追従については一般的なレベルを確保していますが、レーンキープはちょっときつめな動きです。たとえばクルマが左よりとなり、レーンキープのためにステアリングが右に操作されると、右に行きすぎ、それを修正するために左に行きすぎるという傾向があります。アダプティブクルーズコントロールとレーンキープのみをカットできるとより使い勝手が上がるでしょう。

(文/写真・諸星陽一)

『フィアット』の最新記事
フィアット 500
日本伝統の「水引」をモチーフにしたフィアット「500 Super Pop Giappone」が200台限定で登場
フィアット 500 500C
自由を謳歌する現代女性にふさわしい1台。ツインエア搭載の限定車「Fiat 500/500C イレジスティービレ」【新車】
アバルト595シリーズの走りとスタイリングをさらに個性的に仕上げられる「Make Your Scorpion」が11月15日〜12月15日まで実施【新車】
フィアット500/500C
ブランド120周年を祝う、フィアット 500/500Cの限定車「120th Tuxedo(タキシード)」
フィアットの120周年を祝う240台限定「500 Super Pop Centoventi」が登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事