ゴードン・マレー、新たなミッドシップモデルを計画中か? 価格は破格の4万ポンド!?

●ライトウェイトスポーツのミッドシップモデルは価格も魅力的?

マクラーレン「F1」の後継モデルを開発中のゴードン・マレー氏ですが、さらなる廉価ミッドシップモデルを開発している可能性があることがわかりました。

社内コード「T.43」と呼ばれる新型モデルは1,000LBS(約842kg)と超軽量モデルながら、エアコン・サウンドシステム・エアバッグなどを備えるライトウェイトスポーツです。

ミッドシップにマウントされるのはフォード製の3気筒エンジンで、最高出力215psを発揮します。低馬力と思うかも知れませんが、マレー氏は軽量マシンにはこの出力で十分なパフォーマンスを発揮すると語っているようです。ライバルはロータス「エリーゼ」で、4万ポンド(約572万円)とスーパーカーでは格安となりそうです。

一方、V型12気筒エンジンを搭載する、F1後継モデルと噂されるハイパーカー「T50」の価格も判明しました。こちらは2億3600万ポンド(約3億3千万)と破格のプライスとなりそうです。

詳細については明かされていませんが、こちらも1,000kgと軽量で、メルセデス「AMG One」、アストンマーティン「ヴァルキリー」と並ぶ、驚愕のパフォーマンスを発揮すると予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
復活の三菱・パジェロミニ、新型は4ドアに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事