日本に敵はいない!? ヒュンダイ・ソナタ、超攻撃的な275馬力の「N」を設定か?

韓国ヒュンダイは、4月のニューヨークモーターショーにて欧州Dセグメント4ドアセダン「ソナタ」の新型を発表しましたが、早くもその高性能モデル「N」が設定される可能性があるようです。

プロジェクト名「Y-Car」として1985年に初公開された初代ソナタは、三菱製「4G63」2.0リットルエンジンを搭載していました。8代目となる最新モデルでは、低重心化した「第3世代プラットフォーム」を新採用し、衝突安全性が高められています。

ハンガリーのデザイン会社・X-tomi Designにより描かれた「ソナタN」の予想CGは、ベースモデルより大口のコーナーエアインテーク、赤いアクセントをまとうフロントスプリッター、サイドスカート、5セット・デュアルスポークのアルミホイール、レッドブレーキキャリパーなどアグレッシブなデザインが見てとれます。

パワーユニットは1.6リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載。最高出力は275psを発揮し、同クラスの国産車セダンでは敵は見当たりません。キャビン内では、12.3インチデジタル・ディスプレイ、10.25インチのインフォテイメントスクリーンをセンタースタックの最上段に設置するハイテクコックピットも自慢です。

「ソナタN」が実現するなら、登場は2020年秋以降が予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
VW ゴルフ ヴァリアント_003
今度はクーペルーフだ! VWゴルフ「ヴァリアント」プロトタイプをキャッチ
アウディ RS3_003
アウディ自慢のホットハッチ「RS3」次期型、ニュルブルクリンクで高速テストを開始
ロータス エスプリコンセプト_002
ライバルはフェラーリ!? ロータスがミッドシップ・HVスポーツカーを開発中?
ポルシェ 911ターボカブリオレ_001
新型911ターボカブリオレ、ルーフオープン姿をキャッチ!
トヨタ LQ_001
トヨタ次世代コンパクトEV「LQ」市販型はこうなる!? デザイン大予想
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事