【日産デイズ&三菱eKワゴン試乗】兄弟車4モデルでベストチョイス、買うべきグレードは?

●違いは外見だけじゃない。内装、パワートレーンからベストチョイスを考える

日産デイズ/デイズ・ハイウェイスター、三菱eKワゴン/eKクロスはブランド違いの兄弟車ですが、それぞれ異なったフロントマスクが与えられています。

デザインで際立つのは、日産がデイズ・ハイウェイスター、三菱がeKクロス。個人的には、ど派手な顔つきのeKクロスがデザインもまとまっているように思えます。

ドアはもちろん、ボンネットフードやフェンダーなどの外板パネルは同じで、ヘッドランプ、フロントグリル、バンパーを換えることで、迫力あるフロントマスクを実現。デリカD:5を彷彿とさせる縦型(3段式)ヘッドライトを採用するなど、ekワゴン、eKクロスの中でも後者が好調なセールスというのも納得できます。

グレードの違いは、日産デイズ/デイズ・ハイウェイスターが6つ、三菱eKワゴン/eKクロスが5つ。デイズ・ハイウェイスターには、GターボとGターボプロパイロットエディションの2グレードが用意され、前者はプロパイロットがメーカーオプション、後者はプロパイロット、アラウンドビューモニター、日産オリジナルナビパッケージが標準装備されます。さらに、日産デイズには、オーテックジャパンによるボレロも設定されます。

『日産・デイズ』の最新記事
【日産デイズ ハイウェイスター NAエンジン試乗】有段制御のCVTがドライバーに心地いい加速を作る
【日産デイズ/三菱eKワゴン試乗】NA仕様を買うならハイブリッドモデルがオススメ
【日産デイズ試乗】高い静粛性と乗り味が光る、ターボ+ハイブリッド仕様の軽快な走り
【三菱eKクロス試乗】ワクワク感あふれるエクステリアにしっかりした走り
【新型デイズ ハイウェイスター ターボ 試乗】軽自動車のクラスを超えた「自然な走り」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事