世界最速の4ドアPHEV誕生。ベントレー・フライングスパーの充電中の姿を激写

2019年後半にデビューすることを発表しているベントレーの4ドアサルーン、「コンチネンタル フライングスパー」の次期型に設定されるPHEVモデル開発車両をカメラが捉えました。

充電中を激写したプロトタイプは、右側の給油口とは別に左リアクォーターパネルに充電口が見えるため、電動モデルであることは間違いありません。「フライングスパー」は、1957年に2ドアクーペ「Sタイプ コンチネンタル」派生モデルとして誕生し、1966年まで製造されました。その後2005年に復活し、世界最速の4ドアセダンとして人気を博していますが、電動化は初めてとなります。

内燃機関版の新型「フライングスパー」はプラットフォームにパナメーラと共有する「MSB-F」プラットフォームを採用し、ホイールベースが延長される可能性が高いです。パワートレインは最高出力500psを発揮する4リットルV型8気筒ターボエンジや6リットルW12型エンジンがラインアップされると予想されています。

対してPHEV版のパワートレインは、ポルシェ「パナメーラE-ハイブリッド」から流用される2.9リットルV型6気筒ターボチャージャー+電気モーターで、最高出力は462psを発揮します。またハイエンドモデルには「パナメーラTurbo S E-ハイブリッド」から移植される4リットルV型8気筒+電気モーターが搭載され、最高出力は680psを発揮。同ブランド最強PHEVであると共に、世界最速の4ドアPHEVの誕生となります。

内部は撮影されていませんが、最新世代のインフォテインメントシステムを搭載、半自動運転機能など「パナメーラ」から多くの新しい技術が投入される予定です。

ワールドプレミアの場は、2019年9月のフランクフルトモーターショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
メルセデスベンツ EQB外観_003
摂氏マイナス40度でもスイスイ走る! メルセデス・ベンツの新型EV「EQB」をキャッチ
ケーニグセグ ジェスコ外観_002
ケーニグセグ、新型スーパーカー「ミッション500」をジュネーブで世界初公開へ
ハマー HXコンセプト外観_001
ハマーがEVピックアップになって復活!? スーパーボールで告知か?
トヨタ ヤリス外観_004
「ヤリスの成功を加速させる」。トヨタの新型コンパクト・クロスオーバーSUVの詳細見えてきた
GRスープラ外観_006
欧州トヨタが直4搭載のGRスープラ「富士スピードウェイ・エディション」を発売へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事