トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】

■トヨタの市販EV本格戦略はC-HR/IZOAのEV 2車種から

トヨタ、マツダ、デンソーと提携することで生まれた「EV C.A. Spirit」は、マツダの「一括企画」や「モデルベース開発」、デンソーの「エレクトロニクス技術」、トヨタの「TNGA」など、各社の強みを持ち寄ることで開発手法そのものを見直すとして2017年9月に共同技術開発契約を締結しました。

さらにSUBARU、スズキ、ダイハツ、日野、いすゞ、ヤマハも加わり、同社から生まれた技術を使ったEVに加えて、マツダは独自開発EVも含めた複数のEVをリリースするとアナウンス済みです。トヨタも「EV C.A. Spirit」での開発を中心に、FCVの開発も進めながらEVの市販化、巻き返しを図っているのは周知の通り。

そして、2019年4月16日に開幕した上海国際モーターショーにおいて、C-HR/IZOAの電気自動車(EV)を世界初披露しました。C-HR/IZOAのEVは、トヨタブランドとして中国初投入となるEVであり、2020年に販売を開始。

『トヨタ自動車』の最新記事

【新車】さらばマークX。2019年12月で生産を終えるトヨタ・マークXの最終仕様が登場
トヨタがロサンゼルスで300マイル(約480km)走行可能な燃料電池(FC)大型商用トラックを公開
日本「復活」もある? 4代目となる新型トヨタ・ハイランダーが世界初公開【2019ニューヨーク国産オートショー】
トヨタ自動車がハイブリッド(燃料電池含む)技術の特許実施権の無償提供、技術サポートを発表
トヨタがハイブリッド技術の関連特許を無償開放。その理由とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事