トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】

トヨタは今回の「上海国際モーターショー」において、中国で初披露したC-HR/IZOAのEV 2車種を皮切りに、2020年代前半には、グローバルで10車種以上のEVの展開を予定しているそうで、同社が2017年12月に掲げた2030年「グローバル電動車販売550万台以上」の目標に向け、着実に電動車普及を進めていくとしています。

ほかにも、中国初披露のRAV4ならびにアルファード/ヴェルファイアのハイブリッド車(HV)や、2019年3月から販売を開始したカローラ、レビンのプラグインハイブリッド車(PHV)、中国の研究開発拠点であるTMEC(Toyota Motor Engineering & Manufacturing (China) )で開発された「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト車「RHOMBUS」など、様々な電動車を披露されています。

燃料電池自動車(FCV)についても、トヨタ副社長の吉田守孝氏は、「2017年から中国で燃料電池車MIRAIの実証実験を開始しており、そのほか、FCコースターの中国導入など、様々な検討を進めていきます」とコメントしていて、FCVの開発を中国でも推進していることを強調。

なお、2018年11月の「中国国際輸入博覧会」では、「e-Palette」をはじめとした「電動化、知能化、情報化」を活用し、人々の生活を支える「新たなモビリティ」を提案済みです。これらの新たなモビリティは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会において活用される予定。トヨタは、北京2022オリンピック・パラリンピック冬季競技大会では、東京2020で得た知見を活かし、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、北京オリンピック・パラリンピック冬季競技大会組織委員会と連携の上、大会の成功に向けて尽力していきたいとしています。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事
予想を超えるボディの堅さがもたらす、しなやかな動き【コペン GR スポーツ】
C-HR GRスポーツ 一般道試乗
SUVのSの部分をグッとグレードアップしたC-HRのハンドリングモデル【C-HR GRスポーツ試乗】
解像度感高い走行感に注目! 新設定の6MTでゴキゲンな走り【トヨタ C-HR GRスポーツ試乗】
トヨタ ライズ モデリスタ
新型SUVのトヨタ・ライズを個性的に仕立てるモデリスタのカスタマイズパーツが新登場
センチュリーカタログ
レクサスやセンチュリーはまるで写真集! ディーラーでもらえるカタログの原価はいくら?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事