トラブル発生? 発売前のBMW「4シリーズ カブリオレ」が走行前にレスキューを要請

●プラグインハイブリッドも設定されるBMW・4シリーズ カブリオレ

BMWの2ドアスポーツ「4シリーズ」の派生オープン、「4シリーズ カブリオレ」の次期型プロトタイプを豪雪のスカンジナビアでキャッチしました。

いまだカモフラージュは厳重ですが、ボンネットをはじめドアやトランクが開けられる場面の撮影に初めて成功しています。

テストドライバーがボンネットを開け、不凍ウォッシャー液を入れている姿が撮影されていますが何らかのトラブルが発生。「X5」のセーフティカーを救助に呼び、牽引される姿が見てとれます。しかし、その後同じプロトタイプはテストを再開、力強い加速力を見せています。

パワートレインは、エントリーモデルに1.5リットル直列3気エンジン、最高出力255ps・最大トルク400Nmを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ターボ、最高出力382ps・最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンの「M440i」がラインアップされるほか、プラグインハイブリッドが設定される可能性も高いと見ています。

ワールドプレミアは早くとも2020年春以降で、発売は2021年となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
復活の三菱・パジェロミニ、新型は4ドアに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事