【新車】スポーティな外観と充実装備が魅力のプジョー「208 GT Line Black Pack」が登場

スポーティなスタイリングが評判の新型プジョー208。2019年のジュネーブモーターショーでデビューし、年内に日本にも導入されるか注目が集まっています。

現行のプジョー208は2012年11月の日本導入以来、輸入車ビギナーを中心に男女を問わず支持されています。モデル末期とはいえ熟成が進んでいるのも魅力となっています。そんな現行208にお得な特別仕様車が設定されました。

2019年4月8日に発売された「208 GT Line Black Pack」は、同モデルが持つスポーティな美点を強調すべく、Blackエクステリアパーツとしてフロントグリル&グリルフレーム、フォグランプデコ、ドアミラー、サイドウィンドウモール/Bピラー&Cピラー(マットブラック)、17インチ専用シャイニーブラックアロイホイール&205/45R17タイヤを用意。

さらに、駐車時の確認をサポートするバックカメラ&バックソナー、フロントソナー、パークアシスト、インフォテイメントとして「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応し、208の最上級モデルにふさわしいフル装備となっています。

ボディカラーは「ビアンカ・ホワイト」「リオハ・レッド」「ペルラネラ・ブラック」の3色展開で、価格は2,550,000円です。

搭載されるエンジンは1.2L直列3気筒ターボで、最高出力は81kW/5500rpm(110ps)・ 最大トルクは205Nm/1500rpm。組み合わされるトランスミッションは6ATです。

(塚田勝弘)

『プジョー』の最新記事

【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
【新車】売れ筋SUVのプジョー3008と3列シートSUVのプジョー5008のガソリンエンジンが改良。トランスミッションも8ATに進化
【新車】プジョー308のガソリンエンジン仕様がアップデート。最新の燃費規制をクリアする1.2L+8ATが設定
【新型プジョー508試乗】ファストバックスタイルを採用した新型のボディサイズ、デザイン、居住性は?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事