スバル新世代デザインはレガシィから始まった。80年代は技術とデザインの幸福な融合!【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】

4月5~7日、幕張メッセで開催された「AUTOMOBILE COUNCIL 2019」。展示された往年の名車から「グッドデザイン太鼓判」の番外編として、メーカー系出展車のデザインをチェック。3回目はスバルの2台に注目です!

今回、国内メーカー5社による共同企画出展が行われましたが、そのテーマは「百花繚乱 80’s」。旧車ブームの中心となる80年代のブースにスバルが出展したのは、初代のレガシィとアルシオーネの2台です。

初代レガシィ(BF5型)の登場は、いわゆるビンテージイヤーの1989年。従来のレオーネとはまったく異なる骨太の基本スタイルは、すべてを新設計した同社の意気込みを示したもの。展示のワゴンでは、ウエッジしたボディに載せたキャビンのリアに重心を置き、スポーティなプロポーションを獲得しました。

走りを示すブリスターフェンダーは、力強いショルダーラインへ巧みに溶け込んでサイド面の品を確保。また、スラントしたフロントフェイスはスポーティですが、構成はシンプルで実に端正。リアは、低く置かれたランプが視覚的な重心を下げ、赤いガーニッシュが広いリアパネルにアクセントを与えます。

そのレガシィに先駆けること4年、初代アルシオーネ(AX9型)は1985年の登場。セクレタリーカーを意識したかのようなクーペスタイルは実にアメリカン。明快なウエッジシェイプボディと、すべてのピラーをブラックアウトしたキャビンとの組み合わせは、恐らくスケッチ段階では極めて魅力的だったと思わせます。

しかし、先進のリトラクタブルランプは個性を消し、Aピラー下で段を付けたボディはいささか漫画チック。平板なサイドボディと、左右いっぱいに広げたリアエンドにも子供っぽさが。このあたりのリベンジは、2代目のSVXの登場を待つことになります。

ところで、今回展示の2台は個人オーナーから譲り受けたものを、SUBARUテクノ株式会社でレストアしたもの。そこで、同社レストアチームの山田晃一氏に80年代車の魅力について聞いてみました。

「スバルで言えば、それまでは機能、技術重視で後回しになっていたデザインの扱いが、このレガシィから変わったのが印象的です。いいデザインを成立させるために技術が協力するようになった。その後、2代目のデザインにオリビエ・ブーレイ氏を招聘したのが象徴的ですよね」

当時は「社員が皆空を見上げて働いている」ような熱い雰囲気があったという山田さん。ただ、最近はその時代を知る世代もすっかり減ってきたと言います。

「いまスバルでは、若い社員に向けて旧車の運転研修を実施しています。知識はあっても、やはり実際に運転してみないとクルマは理解できない。実はこのレガシィも研修用で、機構面のレストアも完璧に仕上げてあるんです」

ヘリテージを語ることが多くなった各メーカーですが、スバルもまた過去を踏まえつつ、最新のデザインに取り組んでいるようです。

(すぎもと たかよし)

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事
ウーノ・アイキャッチ
実用的なボディに先進性と美しさを詰め込んだコンパクトハッチ「フィアット・ウーノ」【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:輸入車編】
ルノー5イメージ
大ヒットの初代を巧妙に進化させた異色のフレンチ・ベーシック「ルノー5」(2代目)【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:輸入車編】
アルファ155イメージ
伝統の走りとスタイルを引き継いだイタリアン・スポーツセダン「アルファ・ロメオ155」【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:輸入車編】
プジョー205イメージ
スタイル、走りが定番となった欧州コンパクトハッチ「プジョー 205」【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:輸入車編】
前衛的ボディを現代的なスタイルに変身させた個性派ハッチバック「シトロエン BX」 【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:輸入車編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事