アストンマーティンの新型スーパーカー「ヴァルハラ」にロードスターが設定か?

アストンマーティンは、ジュネーブモーターショー2019で新型ミッドシップスーパーカー「AM-RB 003」を初公開しましたが、そのロードスターバージョンが設定される可能性が高いことがわかりました。

「AM-RB 003」は、同ブランドが開発したV型6気筒にモーターを合わせたミッドシップ・ハイブリッドで、V型12気筒ハイブリッドハイパーカー「ヴァルキリー」の弟分として登場しました。しかし、市販型では「ヴァルハラ」の車名が与えられると予想されています。

CGデザイナーのAksyonov Nikita氏から入手した「ロードスター/コンバーチブル」のレンダリングCGは、赤いアクセントを持つホワイトボディに軽量化を図るファブリックルーフを採用。洗練された滑らかなAピラーライン、ウィングミラー、ドアハンドルが見てとれます。またキャビン内は実用性の高いインテリアとなると思われます。

市販型では、パガーニ「ウアイラ・ロードスター」のように、クーペより高いパフォーマンスを発揮するオープンモデルとなる可能性があります。また500台限定のクーペに対し、よりレアなモデルとなるのは確実と言えそうです。

ワールドプレミアは、2020年のジュネーブモーターショーが予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事