ホンダがジュネーブショー2019で公開予定の新型EVのインパネを先行公開

●コンセプトモデルで話題となった丸目ヘッドランプを採用したホンダの新型EV

フランクフルトモーターショー17でEVコンセプトカー「アーバンEVコンセプト」を公開したホンダ。欧州での2019年内市販を予告するなど、すでに公道テストも開始しているようです。

日本でも市販化を予定しているようで、コンセプトモデル同様の丸目ヘッドランプを採用したハッチバックモデルとなる模様。

そうしたなか、欧州ホンダが全面にディスプレイを採用した同車のインパネ画像を公開しました。

3月にジュネーブショー19で同車のプロトタイプモデルを公開するそうで、日本での発売は2020年と予想されています。

レトロテイストなボディに先進技術を搭載した市販EVの登場が大いに注目されます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

ホンダが3月のジュネーブショー19でレトロ感漂う「市販EV」を公開する?
https://clicccar.com/2018/12/13/667220/

【関連リンク】

欧州HONDA
https://hondanews.eu/eu/en/cars

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事