早くも改良型が登場!? アルファロメオ・ステルヴィオの開発車輌を目撃

●出力は300馬力に向上。コックピットは大幅改良!?

アルファロメオ初のクロスオーバーSUV「ステルヴィオ」および高性能モデル「ステルヴィオ クアドリフォリオ」の改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

日本では2018年7月にローンチモデルとして「ファーストエディション」が発売されたばかりですが、早くも改良型の開発に着手したようです。

赤いボディの「クアドリフォリオ」はボンネット、フロント&リアバンパーがカモフラージュされていますが、横に並ぶベースモデルは一切偽装がされていません。現行モデルから変化も見られないため、恐らくこれから本格的に改良がされると予想されます。

対して、撮影に成功したクアドリフォリオのコックピットは、センターコンソールのダイヤル、ギアシフター、アームレストなど現行モデル異なっているのが見てとれます。しかし、これらも開発途中の可能性があります。

「ファースト エディション」のパワートレインは、2.0リットル直列4気筒エンジンにZF製8速ATと組み合わせ、最高出力280ps・最大トルク400Nmを発揮します。

しかし改良型では最高出力が300ps超えになると噂されています。また高性能「クアドリフォリオ」はフェラーリ製2.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は510ps・最大トルク600Nmを発揮しますが、改良型では530psから540psへの向上が見込まれています。

今夏以降、生産型プロトタイプをキャッチすることができるかもしれません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?