GベクタリングコントロールとAWDのコラボでマツダのシャシーコントロール技術は進化する

2019年3月上旬、マツダは北海道の旭川近郊、剣淵町にある同社の冬季テストコースで新型マツダ3に関連する取材会を実施しました。そのなかで行われたGベクタリングコントロールとAWDに体験をご紹介いたします。

マツダは2010年にスカイアクティブという考え方を正式に発表しその後に発売されたクルマには多くのその考え方を盛り込んできました。スカイアクティブはエンジンだけでなく、ミッションやボディシャシーなどにも使われる言葉ですが、今回はエンジンと駆動系の制御についてのテクノロジー展開です。

今年発売されるマツダ3にはAWDモデルが設定されます。以前も国内仕様のアクセラにはAWDが設定されていましたが、マツダ3へのAWDの採用ははじめてのこととなります。今回のマツダ3に採用されるAWDは、iアクティブAWDと呼ばれます。従来iアクティブAWDは安全機構のひとつという位置づけでしたが、今回の採用からはシャシーコントロール技術のひとつとして盛り込まれるようになりました。

試乗モデルはマツダ3が間に合わなかったためにCX-3を使いましたが、そのAWDに関する技術的内容はほぼ同一です。試乗車は現行の制御と新型の制御を切り替えて体感できるようになっていました。その理論を技術者から直接説明していただきました。

クルマを作る側の思いを聞き、クルマとそのことを対話しながら試乗すると、そのエンジニアの思いは想像以上に伝わってきます。

(文・諸星 陽一/撮影・前田 惠介)

『マツダ』の最新記事

骨盤を立てて運転する! マツダが提案する一歩進んだ運転姿勢とは?
世界限定3000台! マツダがオレンジカラーの「ロードスター30周年記念車」購入予約を受付開始
マツダ・ロードスター30周年記念特別仕様車(限定車)の受注が4月5日からスタート
クルマの動きを掴みやすく滑らかな運転を可能にさせるシートとは?【マツダ雪上試乗会・その2】
新型マツダ3は基礎の基礎から開発されている? ボディの安定性へのこだわりとは?【マツダ雪上試乗会・その1】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事