タイヤ戦争はスーパーGTだけじゃない。D1グランプリに参戦するタイヤメーカー最前線

●多くのタイヤメーカーが参戦するD1GP

最近ではF1をはじめ、世界各国で開催されているモータースポーツの多くはコントロールタイヤ(ワンメイク)が主流となっています。日本国内でもスーパーフォーミュラはADVAN(ヨコハマ)、スーパー耐久ではピレリがオフィシャルタイヤサプライヤーとして全車にタイヤ供給を行っています。

車やドライバーの勝負、という意味では当然アリだと思います。でもなぜか、ちょっと物足りなさを感じませんか?

スーパーGTではブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ、ミシュランの4社が参戦して、開発と競争を繰り広げています。そしてそんなタイヤ戦争はD1でもアツいバトルの見どころの一つとなっています。今回はD1の縁の下の力持ちでもあるタイヤメーカーさん達にスポットライトを当ててみたいと思います。

まず最初は、D1ファンならすでにご存知、TOYOタイヤです。

今年でD1参戦12年目となるTOYOタイヤは、TEAM TOYO TIRES DRIFTとして川畑選手、藤野選手そしてポン選手の3名が参戦。

イベントのインターバルで行われるトークショーには、毎回多くの方が足を運び、その人気の高さがうかがえます。

人気、実力ともに申し分ない布陣で、D1王者奪還を目指します。

『D1GP』の最新記事
エビス西コースでのGRスープラ
Team TOYO TIRES DRIFTは、藤野選手と川畑選手がチャンピオンの可能性を残す【D1GP】
D1GP第6戦小橋選手のチェック走行
データと動画をフル活用! これが現代のドリフト機械審査攻略法だ【D1GP第6戦EBISU WEST DRIFT】
D1GPタイヤウォーズ2020_01
白熱するD1タイヤ戦争。第5戦では3メーカーが表彰台を分け合う【D1GP 2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事