新型プジョー・508が登場! 最新のデザインとネコ足、そして運転支援システムを採用

フランス車は独特なデザインと乗り味は魅力的だが、運転支援システムが物足りない……。従来はそんな声が多く聞かれましたが、そんな声を吹き飛ばすモデルが、2019年3月20日に発表された新型プジョー508です。

発表会には日本法人の社長をはじめ、フランスからプジョーブランドのジャン=フィリップ・アンパラトCEOが駆けつけるなど、並々ならぬ意気込みを感じました。

2011年に日本市場に導入された初代508は、従来ラインアップされていたセダンとSWと呼ばれるステーションワゴンを設定していた407とフラッグシップセダンの607を統合したモデルで、セダンの508と508SWの2つのボディタイプを用意していました。

新型プジョー508も初代を受け継ぎ、まず508が登場。そして今年の秋に508SWが導入予定となっています。新型508は先代の4ドアセダンの3BOXスタイルから流麗なファストバックスタイルへとデザインが変更されています。そしてスタイリングだけでなく、インテリア、先進運転支援システム、乗り心地とすべて一新しているのが特徴です。

まずエクステリアデザイン。フロントエンドが非常に個性的で、切り立ったフロントグリルとフルLEDヘッドライトで構成されています。さらにバンパーとスポイラーを垂直に通るLEDデイタイムライニングライトとの相乗効果により、シャープな表情が特徴です。またボンネットに504、504クーペをインスパイアして、508のモデル名が配置されています。

そして大きく変更されファストバックとなったリアスタイルは、プジョーのシグネチャーであるライオンの三本の爪痕をモチーフとしたフルLEDのテールライトを採用。ラゲージスペースも5人乗車時で487L、リアシートをすべて倒せば先代より156L多い1537Lまで拡大し、ファストバックのメリットを活かしています。

インテリアはプジョー独自のi-Cockpitをさらに進化させるとともに、革新のユーザーインターフェイスを搭載しました。コンパクトなステアリングの奥のコクピットには12.3インチのデジタルディスプレイを装備。このディスプレイは6種類のモードから、オーナーの好みに応じてカスタマイズが可能です。

そして、センターコンソールの中央には8インチのタッチスクリーンを配置。インテリのデザインに溶け込み、ディスプレイ下に配置されるピアノの鍵盤のようなトグルスイッチでナビゲーションや空調、オーディオなどの主要機能にダイレクトにアクセス可能で、タッチスクリーンによる操作とわけられています。

搭載されているエンジンはアリュールとGT Lineには最高出力180ps、最大トルク250Nmを発生する1.6L直列4気筒ガソリンターボエンジン。そして最上級グレードのGTには最高出力177ps、最大トルク400Nmを発生する2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。組み合わされるミッションは8速ATで駆動方式はFFのみとなっています。

『プジョー』の最新記事

【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場
【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
【新車】売れ筋SUVのプジョー3008と3列シートSUVのプジョー5008のガソリンエンジンが改良。トランスミッションも8ATに進化
【新車】プジョー308のガソリンエンジン仕様がアップデート。最新の燃費規制をクリアする1.2L+8ATが設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事