Formula EのサポートレースもやっぱりEVによるワンメイクレース

【サポートレースもEVで。SUVのI PACEのレース車輌は迫力満点】

レース観戦といえば当然メインレースを観に行くものですが、国内ではスーパーGTと併催されているFIA F4は2015年の開幕以来、モータースポーツファンに限らず国内外のモータースポーツ関係者からも注目されています。

同じようにF1ではF2やF3、スーパーフォーミュラでは全日本F3というように、大きなレースではメインレースのほかにサポートレースが併催され、メインレース以外でも競技を楽しむことができます。

そして、Formula Eのサポートレースが今回ご紹介する「Jaguar・I PACE eTROPHY」です。

Jaguar I PACEは、BEVというフルバッテリー電気自動車のSUVで、ジャガー史上初となる「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2019」をはじめ、ヨーロッパを中心に55もの自動車賞を獲得している凄い車です。

そして今回の香港ラウンドではゲストドライバーとして、地元香港出身でル・マン24時間やWTCC出場経験を持つレーシングドライバー、ダリル・オーヤン選手がスポット参戦しました。

レースは大柄なボディでの市街地コースということもあり、マカオグランプリさながらの接触が見られました。ですがそのレースをここ香港で開催できたのもまた、EVの静粛性と排気ガスゼロのおかげなのでしょう。

走行音はとても静かでしたが、重量級のボディと回生ブレーキの影響か、ブレーキング時はFormula E以上のブレーキングノイズがコースに響き渡っていました。

近い将来日本でFormula Eが開催される時には、日産・リーフでのワンメイクレースが開催されると盛り上がること間違いなしでしょうね!

(H@ty)

【関連記事】

ジャガー史上初!I-PACEがヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞
https://clicccar.com/2019/03/11/715562/

【TOPIC】「ジャガー I-PACE eトロフィー」開幕!世界初の市販車EVワンメイクレース
https://clicccar.com/2018/12/22/671503/

『ジャガー・ランドローバー』の最新記事

先進安全装備を満載した新型レンジローバー・イヴォークが2019年夏にも日本導入!?
「普通のクルマ」として選択できる熟成度と車輌全体の造り込み【ジャガー・I-PACE試乗】
ジャガー初のピュアEVであるI-PACEが「ワールド・カー・アワード2019」で3冠達成
【ジャガー・I-PACE試乗】AIアルゴリズムを使った「スマート・セッティング」など先進技術を満載
【ジャガー・I-PACE試乗】ポルシェ・マカン ターボが標的か!? 全身バネのような圧倒的な加速に驚き

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事