ジャガー史上初! I-PACEがヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

Jaguar I-PACE

ジャガー I-PACE

ジャガー史上初の欧州カー・オブ・ザイヤー獲得

ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)である「I-PACE」が「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー 2019」に選出された。ジャガー・ブランドとしては初の受賞となる。同賞の選考委員は23ヵ国、60名の著名なモータージャーナリストで構成され、技術的革新性、デザイン、パフォーマンス、効率性、価格に見合った価値という観点から評価される。

「ジャガーにとって初のBEVである『I-PACE』が同じくジャガーにとって初となる『ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2019』を受賞することができて大変嬉しく思います」と、ジャガー・ランドローバーの最高経営責任者(CEO)のラルフ・スペッツ博士は、受賞の喜びを語った。

「この『I-PACE』は、英国で白紙の状態からデザインおよびエンジニアリングをした技術的に最も高度なBEVであり、真のゲームチェンジャーだと自負しています。今回の受賞は、ワールドクラスのチームが積み重ねてきたこれまでの努力の結実であり、私たちの誇りです」

欧州を中心に8000台をデリバリー。

「I-PACE」は先進の電動パワートレインとアルミニウムアーキテクチャーの利点を最大限発揮するよう設計されており、スポーツカーのようなパフォーマンスとSUVならではの実用性を提供。「I-PACE」のオーナーは、ヨーロッパ全土にある8万5000箇所以上の充電スポットを利用することができる。

世界各国で「I-PACE」は順調に販売を伸ばしており、これまでに8000台を超える台数をデリバリー。販売台数はヨーロッパが全体の75%を占めている。

また、「I-PACE」は2018年3月1日のワールドプレミア以降、「ドイツ・カー・オブ・ザ・イヤー 2019」をはじめ、「ノルウェー・カー・オブ・ザ・イヤー 2019」、「UKカー・オブ・ザ・イヤー2019」、「BBC TopGearマガジン EVオブ・ザ・イヤー」、「中国グリーン・カー・オブ・ザ・イヤー」、「Autobest’s ECOBESTアワード」など、すでに55の自動車賞を獲得している。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事