L28改、13Bペリ、2T-G改…言葉の響きがすでにステキな1986ゼロヨン対決、その結果は? その4【OPTION 1986年1月号より】

昭和後期、その頃のゼロヨンで主流だったのは、L型改にRE。メカVS.ターボチューンも見もの、そんな時代です。1985年末に谷田部(日本自動車研究所)をステージに繰り広げられたOPTIONゼロヨン計測会の模様をお伝えしているこのシリーズ、その4は前回のその3の続き、頑張ったけど上位届かず(悔)のマシンたちを紹介していきますよ!

・・・・・・・・・・・・

オリジナル・パイプフレームにオールFRPカウル、日本初の本格ファニーカーなのだ!
<V8カミナリZ> V8 5.7L/11秒71

●直進性は良好、ただシフトが…。

ドライバー:瀬法司 敏功

このマシンのポイントはシフトかな。クラッチのフィーリングがあまり良くないんで、2速に入れるときはゆっくり押し込んでやらなきゃいけないんだ。すると回転は落ちちゃうから苦しかった。マシン自体は安定してて、ステアリングを軽く持っているだけでまっすぐ走ります。スタートは6500rpm、シフトアップは8400rpm。

●メカニズムチェック

自作の本格的パイプフレームを使ったドラッグマシンとして注目を集めるカミナリZ。このマシンはかつてドラッグレースでその速さを見せつけたスーパーカマロでのノウハウを生かしたもの。

エンジンはこれまでのL型ツインターボからV8スモールブロック350CID(5.7L)に変更された。圧縮比は11。キャブはホーリー750cfmをツイン装着し、エーデルブロックのプロラムIIのインマニに付けられる。キャブセッティングは少しガスを濃いめにすることで、エンジンブローの危険を避けている。カムはクレーン製のマル秘対応を使用して、レブリミットは8200rpm。

ミッションはATを使用せずカマロの時と同様、4速MT。クラッチ系はクロワースのメタルを使いすべりなどの問題もない。ファイナルは4.625。

そしてシャシーにかぶせられるボディはオールFRPのカミナリZをモデルとしたもの。まさにファニーカーなのだ。

『Play Back The OPTION』の最新記事

平成最後の今だから、昭和後期のゼロヨン模様。トラスト、JUNのタイムは? その5【OPTION 1986年1月号より】
1986のゼロヨン模様。雨宮7にチョロQ・Z、超えろ10秒の壁!その3【OPTION 1986年1月号より】
【昭和最後】の日から【平成最初】の日にかけて行われた、東京オートサロン1989。雨さんからOPTIONラーメンまで全部見せます!【Play Back the OPTION Spin off】
目指せゼロヨン10秒の壁突破! 「オートセレクトS30Z」さすがの実力11秒台!その2【OPTION 1986年1月号より】
目指せ9秒台!! 1986年ゼロヨン極限トライアル、トップタイムはタカハシタイヤ・コルベット・その1【OPTION 1986年1月号より】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事