【ホンダ・ヴェゼル1.5Lターボ試乗記】ダークグレー&ブラウンの上質なインテリアをチェック

●最上級モデルらしい仕上がりのヴェゼル1.5Lターボ

L15B型の1.5L直噴ターボエンジンを積むヴェゼルの新グレード「TOURING・Honda SENSING(ツーリング・ホンダ センシング)」は、内装も専用アイテムやカラーリングが与えられています。

東レの「ウルトラスエード」で仕立てられたダークグレーのシートは、両サイドが合成皮革のブラウンでコーディネイトされています。「HYBRID Z・ホンダ センシング」に用意されるジャズブラウンのコンビシートよりも若干落ち着いた印象の色合いで、上質な雰囲気が魅力。

そのほか装備では、他のパワートレーンでもエントリーグレードをのぞき標準装備されている運転席&助手席シートヒーターを標準化。「ツーリング・ホンダ センシング」のみの装備として、前後調整機能付フロントヘッドレストが用意されています。

居住性をチェックすると、BセグメントのSUV(Bセグメントとしては少し大きめで、Cセグメントとの間くらい)としては、とくに後席が広く感じます。フィットから受け継いでいるチップアップ&ダイブダウン機構付6:4分割可倒式シートにより、チップアップさせれば前席後方に大きなスペースが出現し、後席背もたれを前倒しすればフラットに低く格納されるなど、高い積載性ももちろん健在。また、ハイブリッドよりも荷室床下が広くなっています。

Bセグメントの国産SUVは、日産ジューク、マツダCX-3が代表的なモデル。いずれも次期モデルの登場が期待される時期にさしかかっています。ホンダ・ヴェゼルも2013年12月発売と5年以上が経過しています。それでも、最上級グレードでもある「ツーリング・ホンダ センシング」の追加は、効果的なテコ入れになるはずです。

(文/写真 塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事

【新車】キリッとイケメンになったホンダ・シャトルのマイナーチェンジモデルは2019年5月10日に登場
人気沸騰間違いなし!! ホンダ・クロスカブ110の「くまモン」バージョンが登場
年内発売のEV・ホンダeの「カメラ式ドアミラー」が興味深いワケ【ジュネーブモーターショー2019】
軽キャンパー最大級のベッドサイズが自慢。ソーラーパネル付のホンダ・N-VANキャンパー【ジャパンキャンピングカーショー2019】
ホンダの電気自動車「Honda e」プロトタイプが全身画像を公開【ジュネーブモーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事