【ホンダ・ヴェゼル1.5Lターボ試乗】1.5L直噴ターボエンジンを積む「ツーリング・ホンダ センシング」の外観をチェック

●専用ヘッドライトガーニッシュなどの装備でターボモデルを主張

以前お伝えしたように、2019年1月31日、ホンダ・ステップワゴン、ジェイドRS、CR-Vに搭載されている「L15B」型の1.5L直列4気筒DOHCターボ車がSUVのヴェゼルにも設定されました。グレード名は「TOURING・Honda SENSING(ツーリング・ホンダ センシング)」を名乗ります。

ボディサイズは、全長4340×全幅1790×全高1650mmで「RS」と同値。価格は2,903,040円です。

これにより、1.5L NAエンジン、1.5L i-VTEC+i-DCDのハイブリッドと、3つのパワートレーンが揃ったことになります。ターボに直噴システムと可変動弁(吸排気ともに)を備えることで、2.4L NAエンジン並のパワーとレギュラーガソリン指定による高い経済性を兼ね備えているのが自慢。

ほかにも、ハイブリッドと比べると、1.5LのNAガソリンと同様に、荷室の広さも美点で、ラゲッジフロア下には大きなサブトランクが備わります。

ボディカラーは新色の「プレミアムクリスタルブルー・メタリック(59,400円)」と「スーパープラチナグレー・メタリック(37,800円)」をはじめ、全6色を設定。「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」は、ソリッドとメタリックの2つのカラーを重ねた特別な塗装構造が採用されています。さらに、「スーパープラチナグレー・メタリック」は、光が当たった時の陰影が強く出る塗装で、ともに有償色です。

エクステリアは、ブラック塗装が施された専用ヘッドライトガーニッシュ、専用フロントグリル、専用フロントバンパーロアーグリルのほか、RSと同じように、グレーメタリックのボディーロアーガーニッシュが搭載されているのが目を惹きます。さらに、左右2本出しエキパイフィニッシャーが印象的なリヤビューを演出しています。

ほかにもグレーにペイントされた18インチアルミホイール、ルーフレール、専用エンブレムも用意されています。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

ホンダ・ヴェゼルが走りの良さをアピールする1.5Lターボエンジンの「VEZEL TOURING・Honda SENSING」を追加
https://clicccar.com/2018/12/15/668217/

『ホンダ』の最新記事

【新車】キリッとイケメンになったホンダ・シャトルのマイナーチェンジモデルは2019年5月10日に登場
人気沸騰間違いなし!! ホンダ・クロスカブ110の「くまモン」バージョンが登場
年内発売のEV・ホンダeの「カメラ式ドアミラー」が興味深いワケ【ジュネーブモーターショー2019】
軽キャンパー最大級のベッドサイズが自慢。ソーラーパネル付のホンダ・N-VANキャンパー【ジャパンキャンピングカーショー2019】
ホンダの電気自動車「Honda e」プロトタイプが全身画像を公開【ジュネーブモーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事