出たばかりスープラにもう次世代型!? ライバルのホンダ社員が提案する予想CGが公開

●80型のエッセンスを残したデザインはライバル・ホンダの社員作

トヨタ「GRスープラ」がついに公開されましたが、早くも第6世代(A100型)の予想CGを制作したデザイナーを発見しました。

デザインしたのはGiulio Partisani氏。同氏にコンタクトを取ると、なんと東京のホンダに勤務していることがわかりました。趣味の範囲とはいえ、他社メーカーの車をデザインするのは異例と言えます。

描かれたスープラは、ロングノーズに低角度のフロントエンド、薄型ヘッドライト、角度のあるフロントガラス、Aピラー上部からリアデッキへ流れるようなルーフライン、大型リアウィングを備えており、第4世代(A80型)を彷彿させます。LEDテールライトは、水平デザインを採用していますが、このボディシルエットには丸型より似合うようです。

新型のパワートレインは、最高出力197psと258psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力340ps、最大トルク500Nを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンが設定されています。新型は17年振りの復活となっており、この1台で終わる可能性は低いです。次世代型は2027年あたりとなりそうですが、今回見送られた電動モデルが次こそ見られるかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明
車名の商標登録が完了。メルセデス・ベンツ「SLR」、復活の可能性!?
これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事