【ジープ・チェロキー雪上試乗】初のフルモノコックボディでも独自の駆動制御モードで安心感ある走り

●比較的コンパクト(?)なSUV、ジープ・チェロキー

現行の4代目ジープ・チェロキーは、歴代で初めてフルモノコックボディ(FF系ベース・横置きエンジン仕様。ただし日本仕様はすべて4輪駆動)を採用したもの。

今回、2018年末に追加された最新モデル・リミテッドに雪上で試乗してきました。全長は4665mmで全幅は1860mm、全高は1725mmとなります。

近ごろ無尽蔵にサイズアップしていくSUVの中で、全幅1860mmというのはもはや良心的な数値となってきました。全長は4.7m未満ですので、幅が気にならない環境であればコンパクトなモデルだと言えます。

4代目のデビュー当初は、高い位置にセットされたポジションランプと対照的に下方に設置されたヘッドランプが特徴的で話題をさらいましたが、フェイスリフトを受けて以降のチェロキーは、複合型の一般的なランプがセットされる形になっています。

最新モデルではヘッドライト・ポジションランプ、テールランプも含めてすべての灯火類がLED化されています。

グリルには、ジープ・ブランドに共通する7スロット(特徴的な長穴が並ぶスタイル)デザインが採用されています。

ラゲッジドアには、ジープ初のハンズフリー開閉(バンパー下に足をかざして作動)をするパワーリフトゲートが採用されています。

後席は6度の傾斜角調整ができるリクライニング機能を備え、前後スライドもします。

運転席周りは高めのベルトラインに囲まれた環境が、安心感を演出してくれます。

ドア周りのベゼルはチタン風の処理。センターには8.4インチの大型タッチパネルモニターが備わることが特徴です。

搭載されるユニットは2L・4気筒ターボエンジン。最高出力は272ps/5250rpmで最大トルクは40.8kgm/3000rpmとなります。高出力ユニットですが使用燃料はレギュラーなのがありがたいですね。

トランスミッションは9ATで、ルルル……と歌うように軽やかに変速します。

サスペンションは高張力スチールとアルミニウムを使って軽量に仕上げたストラット&マルチリンク式です。

セレクテレインシステムと呼ばれる駆動モード可変システムが搭載されています。モードは「オート」「スノー」「スポーツ」「サンド/マッド」の全4種類。今回はこのシステムをオートに入れて雪上を走ってみました。

オートモードでは路面や運転状況に応じてFFと4WDを自動で切り替えるほか、各輪のトラクションやブレーキ制御をすべてベストな状態にコントロールしてくれます。

走行した路面は全面が雪で覆われたいわゆる圧雪路。

そんな環境でも問題なく走る、のは当然として、加減速や操舵でドライバーが何か操作をするたびにしっかりとしたグリップ感を伴って車体を動かしてくれるのが美点と感じました。一般的な運転者にとっては、走破力自体より「これならいける」と思えるかどうかのほうが重要ですから。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ジープ』の最新記事

アルファ ロメオ、フィアット、アバルト、ジープの全車種で計5年間安心して乗れる延長保証を開始
【新車】ラングラー・アンリミテッド・ルビコンに電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を備えた限定車が登場
【新車】ブラックのアクセントカラーが渋さを醸し出す限定車「ジープ・レネゲード・ナイトイーグル」
【新車】内外装の質感を向上。ジープ史上最速を誇るグランドチェロキー・トラックホークが一部改良を実施
【新車】ジープ・レネゲードに高いオフロード性能を誇る「トレイルホーク」と安全装備も充実した「ロンジチュード」を追加
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事