【河口まなぶがマツダ3に速攻試乗】Mハイブリッドを積む欧州仕様ハッチバックを市街地で試す!

マツダ3  スカイアクティブG 2.0 Mハイブリッド

■Cセグの王者、ゴルフを超えた!

日本での正式発売が待ち遠しいマツダ3(旧称アクセラ)ですが、ロサンゼルスで試乗会が行われ、モータージャーナリストの河口まなぶさんが欧州仕様のハッチバックモデルに試乗しました。市街地とフリーウェイを走ったインプレッション動画をチェックしてみましょう。

「僕がいま乗っているクルマはマツダ3のヨーロッパ仕様。ハッチバックですね。搭載エンジンは2LのMハイブリッド」

「走り出しの印象ですが、道の荒れたフリーウェイを走っていると、本当にクルマがビターッとしてて、落ち着きがあって、このクラスのクルマとは思えないくらいの質の高さを感じます」

「この時点で欧州Cセグメントの王者であるVWゴルフは越えたな、といえるものになっています」

「エンジン自体のパワー感はそんなにないですし、トルク感も薄い感じがするのですが、踏み込んでいくとそこに力が加わる。通常のエンジンではできないワザだなと感じます」

「街中もすごいよかったですけれども、高速もパーフェクト!」

「カーブが気持ちいいなあ。クルマが変な動きをせずにすーっと曲がっていく感じ。ここは相当にいいところです」

感激ぎみのインプレションの全編は以下の動画をご覧ください!

【マツダ3 スカイアクティブG 2.0 Mハイブリッド】(ハッチバック・欧州仕様)

全長×全幅×全高=4460×1795×1435mm
駆動方式=FF
エンジン=2.0L 直列4気筒DOHC直噴ガソリン
最高出力=90kW(122ps)/6000rpm
最大トルク=213Nm/4000rpm
トランスミッション=6速MT
EPA複合燃費=15.9km/L
サスペンション=前:マクファーソンストラット式 後:トーションビーム式
タイヤサイズ:前後:215/45R18

(クリッカー編集部)

『マツダ』の最新記事

マイナーチェンジでシレッと車名を変えていた7車種【マツダ6への車名変更記念!?】
【新車】マツダ・アテンザがMAZDA6に改名。痛快な走りが魅力の2.5Lガソリンターボを追加
マツダ3のご先祖様!80年代に一世を風靡した赤いファミリアが登場【東京旧車会レポート・マツダ&その他メーカー編】
「ポスト2020燃費基準」は「Well to Wheel(ウェル・トゥ・ホイール)」ベースになる!?
マツダ・デミオのセダンが国内で新発売! でも一般ユーザーは買えないってどういうこと?【マツダ教習車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事