まるでカメレオン!? ロメオフェラーリス、548馬力の「ステルヴィオ」を初公開

イタリア・ミラノを拠点とする名門チューニングメーカー「ロメオフェラーリス」は、アルファロメオのクロスオーバーSUV「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」をベースとした最新カスタムカーを初公開しました。

注目はダークグリーンのエクステリア・ラッピングです。これは光りの当たる角度により、ブルーやパープルに変化するカメレオンのようなボディカラーを特色としています。

ド派手なエアロパーツは持ちませんが、ミラーキャップやドアハンドルにホワイトカーボンファイバートリム、OZ製10スポークデザインの20インチホイールを装着。フロント0.79インチ(20mm)、リア0.98インチ(25mm)ワイドにし、ローダウンボディにセットしています。

パワートレインは、フェラーリ製2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力はノーマルモデルの505psから548psへ、最大トルクは600Nmから660Nmへパワーアップされています。また最高速度は176マイル(283km/h)から180マイル(290km/h)へと向上しています。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事