日産が2025年までに「インフィニティ」を電動車専門ブランドに

日産自動車が米国市場で展開する「インフィニティ」ブランドのクリスチャン・ムニエ社長が、同ブランドの今後の方向性について語りました。

「これまでドイツ勢の高級ブランドに対抗しようと努めてきたが、今後は成長目標を『電動化』に置く」としています。

そうしたなか、同社はデトロイトモーターショー2019において、ミドルサイズSUVコンセプトカー「QXインスピレーション」を披露。インフィニティブランド初の100%EVを示唆した1台で、新開発のEVプラットフォームを採用しています。

SUVプロポーションと四輪駆動のパワートレインを組み合わせた、新しいインフィニティ・デザイン・ランゲージを採用するなど、電動パワートレインの可能性とその特徴が際立つデザインとなっています。

新聞報道などによると、インフィニティは電動パワートレインを搭載した新型車を2021年以降に市場投入するとともに、2025年までにEVやHV等の電動車販売に特化したブランドになるようです。

Avanti Yasunori・画像:日産自動車)

【関連リンク】

INFINITI QX Inspiration
https://www.infinitiusa.com/infiniti-now/blog/qx-inspiration.html

【関連記事】

EV充電を無料に!欧州電力会社が「V2G」実現に向け、日産に協力体制
https://clicccar.com/2019/01/25/690410/

VWがEV化で今後数年間に独工場の従業員約7,000人を削減。その理由とは?
https://clicccar.com/2018/12/24/672712/

トヨタ自動車の中国市場における「電動化」はパナソニック製バッテリーで
https://clicccar.com/2018/12/18/669335/

ホンダが3月のジュネーブショー19でレトロ感漂う「市販EV」を公開する?
https://clicccar.com/2018/12/13/667220/

ガソリン/ディーゼル車の販売禁止時期が8年前出しされる?
https://clicccar.com/2018/10/20/641621/

『日産自動車』の最新記事

【デトロイトモーターショー2019】EVのコンセプトカー「Nissan IMs」が世界初公開。航続可能距離は600km超
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く
【東京オートサロン2019】日産ブースには、オーテック&ニスモの両ブランドの注目モデルも出展。カスタマイズモデルも必見
【東京オートサロン2019】日産ブースの注目はジュークやエクストレイル、エルグランドの超ド迫力カスタマイズモデル
【新車】「ミッドナイトオパール」をまとう日産・GT-Rの「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」が50台限定で登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事