VWがEV化で今後数年間に独工場の従業員約7,000人を削減。その理由とは?

VWがEVなど電動化に伴い、今後数年間で独工場の従業員約7,000人を削減する計画との報道が話題になっています。

この削減計画は、EU(欧州連合)が2030年までに域内で販売する乗用車(新車)のCO2排出量を2021年目標比で37.5%削減する方針を固めたことに由来している模様。VWは同方針に基づき、2030年までに約 60万台/年のEVを販売する必要があるそうです。

同社は11月16日、2023年までの5年間で電動化に300億ユーロ(約3.8兆円)を投資する計画を発表。バッテリーの自社生産にも乗り出し、2025年までに欧州生産の2割をEVに転換するとしています。

独紙(フランクフルター・アルゲマイネ)によると、従業員数の削減は2022年から小型EVを生産予定のエムデン工場と、バンタイプのEVを生産予定のハノーバー工場で働く約2.2万人が対象。

EVは従来車よりも部品点数が少なく、少人数での生産が可能なため、組立てに必要な人員数を見直す必要があるためで、今後、EVが普及するに伴い、こうした状況が欧州に限らず、世界各地で発生する可能性がありそうです。

Avanti Yasunori・画像:VW)

【関連記事】

ガソリン/ディーゼル車の販売禁止時期が8年前出しされる?
https://clicccar.com/2018/10/20/641621/

日産自動車が高級EVの量産を計画。2020年から栃木工場で生産予定
https://clicccar.com/2018/09/16/629438/

独・アウディがブリュッセル工場でSUV型EV「e-tron」の生産をスタート
https://clicccar.com/2018/09/09/627186/

VWグループが電動化戦略「e-モビリティ」を加速。2025年にEV比率25%へ
https://clicccar.com/2018/03/19/569547/

欧米で電動化が加速!トヨタは2019年に「EV」を量産か?
https://clicccar.com/2017/07/28/496157/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事