【東京オートサロン2019】アメリカンな雰囲気を満喫できるNITTOのブース

西ホール1に突然現れるアメリカンな雰囲気にあふれたブースがタイヤメーカーのNITTOのブースです。

NITTOはTOYO TIREのグループでおもに北米を中心に展開されているブランドで、その日本ブランドならではの高性能さと確かな信頼性が共存するタイヤとして高く認知されています。さらにその人気を高める大きな要因が迫力あふれるトレッドのデザインです。

恐竜の爪をモチーフにデザインされたというクロスカントリー用タイヤ「マッド グラップラー」をはじめ、トレイル グラップラーM/T、リッジ グラップラー、テラ グラップラーといったマッド系タイヤは深い彫りを持ったド迫力のトレッド。

NT420S、NT421Q、インヴォ、NT555G2といったオンロード系はランド比が高く、いかにもハイグリップしそうなデザインと、とにかく尖っているデザインとすることで、ユーザーの心をグッとつかんで離さない魔力を持ったタイヤとなっています。

展示車はすべてカスタマイズドカー。ジープJL型ラングラーをベースとしたモデルは、アメリカのラングラー愛好家から熱狂的な支持を受けるチューナー「Off Road Evolution」が手がけたもので、その圧倒的にアメリカンな雰囲気は会場を異質な空気にするほどです。

6.2リットルのV8・HEMIエンジンを搭載するダッジ・チャレンジャーにはさらにオーバーフェンダーを装着し迫力をアップ。トヨタが北米で販売する大型ピックアップのタンドラは、カルフォルニアスタイルのオフロード系カスタム“プレランナースタイル”を再現。本格的なオフロード走行はもちろん、街乗りや旅行にもストレスなく使用できるようバランスよくチューニングした公道走可能なモデルとしています。

(文/写真・諸星陽一)

『東京オートサロン2019』の最新記事

【東京オートサロン2019】メーカー系デザイナーに突撃インタビュー。ホンダアクセス「TRIP VAN」は、使い込んでこそ輝くクルマ
【東京オートサロン2019】井出有治の「コレ乗りたい!」・その2 トップシークレットの作る「ノーマル」R35GT-Rって新鮮かも!?
【東京オートサロン2019】「アルパインスタイル」はやりすぎないカスタムがオシャレ!
【東京オートサロン2019】カルソニックレディ2018が卒業。新天地に向う二人にインタビュー!
【東京オートサロン2019】メーカー系デザイナーに突撃インタビュー。「ジムニー・シエラ PICK UP STYLE」は大人の趣味を満たすホビー感覚

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事