【東京オートサロン2019】日野自動車はサイバーなダンスと織り成す「iNFORMATIon DESIGN.」がテーマ(PR)

東8ホールに鎮座する大型トラックが目を引く日野自動車ブース。

毎年セクシーなダンスパフォーマンスが目を引く日野自動車ブースですが、今年もそのダンスは健在!

日野自動車ブースの今年のテーマは「iNFORMATIon DESIGN.」。これは質量の⼤きいトラックが関係する事故は重⼤化してしまいますが、そのような事故を少しでも減らしたいという思いで数々の先進安全機能の搭載に取り組んでいる日野自動車が、⽬に⾒えない部分で進化している先進機能やトラックの安全機能をわかり易く可視化することで来場者に理解してもらおうというもの。

その可視化の部分をトラックへのグラフィックデザインで表現するのはアニメ監督としても有名な小林誠氏。小林誠氏とコラボレーションしたブース、トラック、映像のグラフィック部分のデザインなどで先進機能や安全機能を表現しています。

そんな先進機能や安全機能の可視化を目指した「iNFORMATIon DESIGN.」のグラフィックが施されるのはレンジャーとプロフィアという、日野を代表するトラックシリーズ。

そしてそんな「iNFORMATIon DESIGN.」をダンスで表現する美女たち。

またプロフィアの後方にはトラックの安全機能や先進技術が体感できるVRコーナーもあり、充実した展示内容となっています。

オートサロンに出展することにより「トラックってカッコいいんだ」と来場者の方々に感じてもらい、一人でも多くのトラックドライバーが増えてほしいとする日野自動車の願いも詰まった意欲的なブース。皆様もぜひお立ち寄りいただくことをお勧めします。

(文。写真:松永和浩)

Sponsored by 日野自動車

『東京オートサロン2019』の最新記事

【日本グッドイヤー キーパーソンインタビュー】未来に向けて積極的な開発を続けるグッドイヤー(PR)
綺麗なお姉さんは好きですか? オートサロンで見かけたお姉様厳選5選【東京オートサロン2019】
【東京オートサロン2019】会場唯一?ジムニー・シエラの排気系チューン車輌を発見
ジムニーシエラ ピックアップ スタイル、市販の可能性を開発者にインタビュー【東京オートサロン2019】
「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事