【新車】アウトドア派に応えるマツダ・フレアワゴン・スタイルが登場

●スペーシア・ギアに兄弟分。マツダ・フレアワゴンに「タフスタイル」が設定

スズキから登場したスペーシア・ギア。そのOEM仕様であるマツダ・フレアワゴン「タフスタイル」が設定されました。

丸型のLEDヘッドランプや、ガンメタリック塗装の前後バンパー、サイドガーニッシュ、ルーフレール、アルミホイールなどの採用によりSUVのような力強さが表現されています。ほかのフレアワゴン・シリーズと比べると、アウトドア色が色濃くなっているのがよく分かります。

最大の特徴である外観は、ブラック塗装のルーフレールとハーフキャップ+アルミホイール(14インチ)、ガンメタリック塗装の前後バンパー、フロントヘッドランプベゼル、アウタードアハンドルやサイドアンダーガーニッシュなど、アクティブで力強いイメージに仕上げられています。

内装はオレンジ色のメーターリングやシートステッチ、工具箱をモチーフとした専用デザインの助手席アッパーボックスなどで、タフでアクティブな中にも遊び心の感じられる空間を表現。さらに、アウトドアニーズに応える撥水加工のシート表皮、防汚仕様のラゲッジフロアが設定されています。

また、「全方位モニター用カメラパッケージ」を上級グレードに設定するほか、純正ナビゲーションシステムとのセット装着により、車両周囲の死角を映像で確認できるなど、安全装備を充実化させることも可能。これにより、マツダの軽自動車で初採用となる「全方位モニター3Dビュー機能」「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」「標識認識機能(進入禁止)」が使用可能になり、安心・安全な運転環境が強化されています。

ボディカラーは専用の2トーンカラー3色を含む全4色が設定され、価格帯は、133万3800円〜199万2600円です。

(塚田勝弘)

『マツダ』の最新記事

マツダが「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」で、第53回機械振興賞の「経済産業大臣賞」を受賞
マツダが1310MPa級の高張力鋼板冷間プレス部品を世界で初めて開発。Mazda3に採用へ
【シカゴオートショー2019】マツダMX-5(ロードスター)30周年を記念した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を世界初公開
【新車】マツダ・キャロルが一部改良で安全装備をアップデート。一部デザインと仕様を変更
マツダの次世代エンジン「SKYACTIV-X」は新型MAZDA3から搭載開始?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事